くらし

【歌人・木下龍也の短歌組手】おうちで生まれたあるある短歌。

第41回全国短歌大会大会賞を受賞して以降、精力的に活動を続ける歌人・木下龍也さんが読者の短歌にコメントをする連載『短歌組手』。今週から毎週金曜日夜に更新をしていきます。短歌の応募もぜひお願いします。
カウンターに向かう木下さん。

〈読者の短歌〉
粉もんの焦げた匂いが生ぬるい風に運ばれ祭りの合図
(きさらぎ なる/女性/テーマ「匂い」)

〈木下さんのコメント〉
たしかにお祭りは目よりも先に鼻が感知する。

〈読者の短歌〉
借りた邦画の音量の振り幅にリモコンが手放せないでいる
(平井まどか/女性/テーマ「音」)

〈木下さんのコメント〉
ひとりで「わかるわ〜」って言ってしまいました。日々の生活に溶け込んでいたり、埋もれてしまっているあるあるを見事に短歌として捉えていますね。これ短歌にしようと思ったことすらなかったなあ。

〈読者の短歌〉
眠るとき脚を数字の4にするきみとわたしで44だ
『「脚を4のかたちにして寝るとなんか楽で、つい4になっちゃうんだよねー」と私。「え!一緒!うちも4で寝てる」と友人。4の脚で眠る人は多いのでしょうか?』
(今野日日/女性/自由詠)

〈木下さんのコメント〉
あれ?今回、あるある回ですか?これもひとりで「わかるわ〜」って言ってしまいました。「寝るとき脚を4にする なぜ」でググったら「腰が悪い」とか「ナルシスト」とか出てきたのでそっとパソコンを閉じました。

〈読者の短歌〉
スマホ上に踊る嵐が広告に変わったとたん指紋がすごい

(春野さき子/女性/自由詠)

〈木下さんのコメント〉
「すごい」という言葉のすごさを感じる短歌。動画の再生中に広告スキップのボタンを連打するというあるあるを短歌にする場合、「指紋がすごい」という大雑把な描写こそ、ここに置かれるべきちょうどいい塩梅の言葉であるような気がします。

きらきらと踊る嵐が広告に変わったとたん指紋がすごい

としても「スマホ上に」ということは伝わるはずなので、この部分はカットして別の初句(57577の最初の5)を検討してみるのもいいかもしれません。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。