くらし
更新:

【防災レシピ】ポリ袋を使ったごはんの炊き方。

  • 撮影・岩本慶三 文・寺田和代

【調理法】災害時こそ栄養満点の美味しい一汁一菜を。

災害時の温かな食事は心身の緊張をほぐし、生きる気力を支えてくれる。

「ライフラインが止まっても、カセットコンロとガスボンベ、高密度ポリエチレン製ポリ袋と水の備蓄があれば、一汁一菜の温かな食事ができます」

一般的にはパッククッキングなどと呼ばれる調理法を独自にアレンジし、お湯ポチャレシピ(R)と命名した。

「高密度ポリエチレン製のポリ袋は耐熱性があります。これ以外のポリ袋は湯煎で袋が溶ける場合があるので、必ず商品表記を確認した上で備えて」

実際に被災した人たちからも高い評価を得ているお湯ポチャレシピ。

「簡単な方法で温かなものが食べられ、水も鍋も汚しません。また、一つの鍋で個別の調理のみならず、同時に数種の調理ができますし、袋を広げてそのまま食べれば、洗い物も出ません」

いざという時に慌てないためには、家族全員で普段から「断水ごっこ」「停電ごっこ」をし、練習しておくこと。

「電気、ガス、水道が使えないつもりで、ガスコンロを収納場所から取り出す段階からシミュレーションしておきましょう。暗闇の中でも懐中電灯の明るさを頼りにコンロを設置し、お湯ポチャで調理してみる。家族と楽しみながら体験を重ねておくことが大切です」

災害時も温かな一汁一菜を食べ続けることでストレスを最小限に。

今泉マユ子(いまいずみ・まゆこ)さん

管理栄養士、防災士。1969年生まれ。防災食アドバイザーとして全国で講演、講座を行う。レトルトの女王と呼ばれテレビなどメディアでも活躍。著書多数。

『クロワッサン』1028号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。