くらし

風呂の排水口が苦手。あのヌルヌルした感じを想像するだけで嫌になります。

普段の生活で苦手な掃除は何? そんな問いを立て、編集スタッフに大調査。知的家事プロデューサーの本間朝子さんとダスキン サービスマスター事業部マネジャー小松拓也さんのお二人に話を聞いて、かゆいところに手が届くプロの意見をQ&Aでお届けします!
  • 撮影・岩本慶三  文・板倉みきこ

【Q】風呂の排水口が苦手。あのヌルヌルした感じを想像するだけで嫌になります。

【A】
ピンク色のヌメリは、排水口だけでなく、シャンプーなどのボトルの底、床や壁の目地などに発生する、浴室の代表的な汚れ。カビではなく酵母菌の一種だが、見た目も感触も悪いし、放っておくと黒カビが生えやすくなるのでどうにかしたい。

「排水口は、髪の毛がヘアキャッチャーや目皿に溜まり、水はけが悪くなることで石鹸カスや皮脂が付着し、ヌメリが発生します。髪の毛などのゴミはすぐ取ることがヌメリ予防の鉄則。ただ、蓋をしていると気づきにくいので、排水口のフィルターを目の細かいものに替えてみては。髪の毛が少しでも溜まるとすぐ水が溢れるので、ゴミが溜まっている時間が短くなり、予防になるでしょう」(小松さん)

「一度掃除したら、ヌメリ予防グッズを使えば掃除回数も減らせますよ」(本間さん)

らくハピお風呂の排水口ピンクヌメリ予防 防カビプラス

排水口のヘアキャッチャーや目皿に置くだけで、ピンクヌメリと黒カビの発生を約2カ月予防。食品のワサビ由来の有効成分で安心。目立つピンクヌメリや黒カビを取り除いてから使用する。498円〈税込〉*編集部調べ(アース製薬 TEL.0120-81-6456)

本間朝子(ほんま・あさこ)さん
知的家事プロデューサー。仕事と家事の両立に苦労した自身の経験から、無駄な時間と労力を省く「知的家事」を考案。著書に『ゼロ家事』(大和書房)など。毎月無料家事セミナー開催。

小松拓也(こまつ・たくや)さん
ダスキン サービスマスター事業部マネジャー。掃除用品の販売や家事代行など、暮らしの中の“キレイ”を提案する会社「ダスキン」に勤務。現在、ハウスクリーニング部門で活躍中。

『クロワッサン』1024号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。