くらし

温水洗浄便座のノズル掃除はどのような方法がありますか?

普段の生活で苦手な掃除は何? そんな問いを立て、編集スタッフに大調査。知的家事プロデューサーの本間朝子さんとダスキン サービスマスター事業部マネジャー小松拓也さんのお二人に話を聞いて、かゆいところに手が届くプロの意見をQ&Aでお届けします!
  • 撮影・岩本慶三 文・板倉みきこ

【Q】温水洗浄便座のノズル掃除はどのような方法がありますか?

【A】

ノズル部分が汚れていると、スムーズに水が出なくなるなど本来の機能が保てず、細菌が繁殖して衛生上も問題に。温水洗浄便座自体に自動掃除機能が付いているものも多いが、これは弱い水量で、取れやすい汚れしか洗い流せていないのが実情。

「ノズル周囲は、排尿や排便時の飛び散りなどで裏側が汚れますし、掃除機能の水が及ばない付け根など、目に見えないところがけっこう汚れているものです」(小松さん)

繊細な作りなので拭き掃除を基本に、週に1度行うのが理想。素材を傷めない中性洗剤を付けた柔らかい布や、トイレ用シートを使う。がんこな汚れには、歯ブラシなどに洗剤を付けて優しくこすり洗いを。
「ゴム手袋に掃除用の手袋を重ねて使えば、指先で拭き掃除ができるので、ノズルの微細な部分の汚れが取れます」(本間さん)

【あっちこっちおそうじ手袋】髪の毛の約100分の1の細さのマイクロファイバー製の手袋。狭い隙間や細かいところの掃除に。目に見えない凹凸にも極細繊維が入りこみ、ミクロ単位の汚れを落とす。水に濡らし絞ってから使用。858円〈税込〉(クロワッサンの店 TEL.054-238-6000)
本間朝子さん

本間朝子(ほんま・あさこ)さん
知的家事プロデューサー。仕事と家事の両立に苦労した自身の経験から、無駄な時間と労力を省く「知的家事」を考案。著書に『ゼロ家事』(大和書房)など。毎月無料家事セミナー開催。

小松拓也さん

小松拓也(こまつ・たくや)さん
ダスキン サービスマスター事業部マネジャー。掃除用品の販売や家事代行など、暮らしの中の“キレイ”を提案する会社「ダスキン」に勤務。現在、ハウスクリーニング部門で活躍中。

『クロワッサン』1024号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。