くらし

【歌人・木下龍也の短歌組手】ふとした心のざわめきをなんと表す?

第41回全国短歌大会大会賞を受賞して以降、精力的に活動を続ける歌人・木下龍也さんが読者の短歌にコメントをする連載『短歌組手』。第2弾の募集にもたくさんの短歌が集まっています。ご応募ありがとうございました。応募作の中から木下さんが選んだ短歌を数回に分けて紹介していきます(短歌は引き続き募集中です)。
注文を終えた木下さん。

〈読者の短歌〉
キャラメルを少し焦がした味がしそう ベランダにある蝉のぬけがら
(うみべの/女性/テーマ「夏」)

〈木下さんのコメント〉
色から想像する味はそんな気がしますよね。ですが「蝉のぬけがら」にはほぼ味がありません。え?あ、はい、小学生のころに隠れてすこし。

〈読者の短歌〉
チンパンジーにパンをあげたらチンパンパンジーになったよ。  パンを返して
(飯田和馬/男性/テーマ「パン」)

〈木下さんのコメント〉
「チンパンパンジー」がパンパンを返してしまってチンジーになる想像をされるところまで織り込み済みなのでしょうね。ところでパンパンのどちらがあなたのパンですか?

〈読者の短歌〉
口腔を切り裂く堅い肌 互い違いに覗くベーコンの眼
(こくもく/男性/テーマ「パン」)

〈木下さんのコメント〉
ベーコンエピ、大好きだったのに、もう妖怪にしか見えない。結句の「眼」を「顔」として7音にするといいかもしれません。

〈読者の短歌〉
こんな映画見なきゃよかった、と泣いてからエレベーターでかたちにもどる
(展翅零/女性/テーマ「映画」)

〈木下さんのコメント〉
元の形に戻る。元の、を抜いて「かたちにもどる」と書かれるだけで、ちょっとわからなくなる。わかるからちょっとわからないに移動させられる。そのわずかな距離に詩は生まれるのだろう。

〈読者の短歌〉
蒸しパンをつぶして食べる君が好き 愛しいものに容赦がなくて
(すずはら/女性/テーマ「映画」)

〈木下さんのコメント〉
僕もね、ふわっふわのおにぎりをぎゅうぎゅう握りなおして密度の高いぎちぎちのおいしさを味わいたい派です。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。