くらし

よく眠るための寝室環境づくりを学べる4つの記事。【おうちで楽しむ記事まとめ】

梅雨時から初秋にかけての睡眠環境は一年で最も厳しいのだとか。おうち時間を健やかに過ごすための寝室の整え方やエアコンの温度設定、寝具選びなどをプロに教わりました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 心地よく眠れる部屋へ、すぐできる方法が知りたい。睡眠のスペシャリストに聞きました。

エアコンの温度は? 照明の色は? 音楽や香りは?  眠りの質をよくする理想の寝室に必要な条件を専門家の三橋美穂さんに教わりました。

⇒詳細はこちら

2.疲れを残さずにぐっすり眠りたい、それを叶える7つのポイント。

睡眠コンサルタントの友野なおさんに教わる、理想の睡眠空間づくりのポイント。朝まで冷感を保つ敷き寝具や、湿度管理方法など、グッズもまじえて紹介します。
 ⇒詳細はこちらから

3. 睡眠コンサルタントに聞く、快眠のための「枕」の見直しポイント。

身体を支え、寝姿勢を安定させるための重要な寝具、枕の選び方を睡眠コンサルタントの友野なおさんに教わります。実は枕は頭をのせるものではなく、首を支えるものなのだとか。汗をたくさんかく夏場におすすめの枕についても聞きました。

 ⇒詳細はこちらから

4. 同室派? 別室派? パートナーとの寝室問題。

パートナーとの睡眠時間帯のズレや、寝室環境の好みの違いのせいで、快眠できないという人は少なくないはず。同室派には照明器具などを活用した睡眠ストレス軽減術を、別室派にはつながることを意識した工夫を、数々の住宅設計を手がけてきた建築家に聞きました。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。