くらし

家族で観て!映画『50年後のボクたちは』は14歳の青春物語。【エディターのおうち時間】

クロワッサンのエディターがお届けするおうち時間を充実させるアイデア。今回はGWに家族で見てほしいドイツの青春映画『50年後のボクたちは』を紹介します。
  • 文・クロワッサンオンライン

最高の夏が一生の思い出になる!

▲映画『50年後のボクたちは』 【あらすじ】クラスのはみ出し者とちょっと風変わりな転校生。2人の少年は、夏休みに無断で借用したオンボロ車で南へ走り出す。それは一生忘れることのできない旅の始まり。Netflixにて配信中 © 2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film Gmb

主人公のマイクとその唯一の友達チックは学校のクラスメイト。二人にはクラスのマドンナ・タチアナの誕生日パーティーに呼ばれなかったという共通点があります。
学校ではつまはじき、両親はそれぞれ理由をつけて家を出て行ってしまい、夏休みなのにステイホームでひとりぼっち。そんな中、チックが家を訪ねてきてオンボロ車で旅に出ることになります。

リチャードクレイマンの『渚のアデリーヌ』をBGMに車は進む(最高!)。
トラブルに巻き込まれたり、人の優しさに触れたり、めちゃくちゃかわいい女の子・イザと出会ったり、とにかく見所の多い映画です。

旅のシーンだけでなく、マイクとお母さんがふれあうシーンにも注目してほしい。最低限の言葉で通じ合っている二人の関係性。マイクのパーソナリティをあぶりだしています。

暗さもある映画なのですが、観た人によって感じ方は変わりそうな映画。
私はもう、おとなしいマイクが珍しく自分から行動に出る“あるシーン”で強く引き込まれました……。一つの出来事がその後の人生に大きく変えることってあるよな、と。それに代償が伴なったとしても。

監督を務めるのはファティ・アキン。30代で世界三大映画祭の主要部門での受賞歴を誇るドイツの名匠です。力の抜けた佇まいで独特な雰囲気をまとっているので、よければ画像検索してみてください(笑)。

やまごや

『クロワッサン オンライン』エディター。年に数回の旅行が生きがい。普段は部屋にいることが多いので部屋を快適にしてくれるアイテムを集め中。今年の目標は体を鍛えて腕を2倍の太さにすること。

やまごやの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。