くらし

お気に入りの場所にすぐ行ける、グーグルマップの5つの便利機能。

地図アプリのなかでも人気の「グーグルマップ」は、地図を見る以外にも便利な機能が満載。使いこなせば、お出かけがもっと楽しくなる! iPhone芸人、家電芸人のかじがや卓哉さんに教わります。
  • 撮影・岩本慶三(かじがやさん) 文・知井恵理

指定した場所の「保存」と、一日の移動ルートを自動で記録する「タイムライン」など多彩な機能を使えば、メモ帳いらずで気になった場所をスマホに残せます。

“行きたい”“再訪したい”、 そんな場所を整理&保存。

1.保存したい店や施設、スポットを長押しする。赤いピンが表示されたらその地点を確認して「保存」をタップ。
2.リストを選択する。「お気に入り」などの既存リスト以外の名前で保存する場合は、「新しいリスト」をタップ。
3.「スタジオ」「友人の自宅」「行きたいカフェ」など、好みのリスト名を入力し、右上の「作成」をタップ。
4.リストは、Androidは「マイプレイス」→「保存済み」、iPhoneは「保存済み」から呼び出すことができる。

街探索や旅行のときに便利! 行った場所を自動で保存。

1.左上の「メニュー」アイコンをタップして、項目のなかから「タイムライン」をタップ。
2.その日に移動したルートが表示される。右上の「カレンダー」アイコンをタップすると、指定日の移動記録も確認OK。
3.移動距離や使用した交通機関も表示。また、移動した場所で写真を撮影すると、その画像もタイムライン上に表示!
4.訪れた場所の候補を自動で記録。また削除や追加など編集も可能。タイムラインは非公開なので、本人のみ閲覧可。

タイムラインを始める前には必ず以下の設定を。

1.グーグルマップのアプリを開いてから、左上の「メニュー」アイコンをタップ→「設定」をタップする。
2.「設定」の項目のなかから、「個人的なコンテンツ」をタップ。
3.「現在地設定」の項目から、「現在地」と「ロケーション履歴」を選び、それぞれ「オン」にする。
4.タイムラインを削除するには、消去したい日の記録を表示したあとに、右上のメニューから「1日分をすべて削除」をタップ。
\タイムラインを使えば、 旅日記も簡単に作れます!/
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。