くらし

西武池袋本店で「さくらスイーツ」が展開中。

西武池袋本店では桜をモチーフにした春らしいスイーツを展開中。ケーキをはじめ、和菓子やチョコレート、焼き菓子など、入卒などのお祝いにもぴったり。

祝いの席にも喜ばれるスイーツ

アンリ・シャルパンティエ「さくらのサントノーレ」(2,484円)フリーズドライのいちごと、さくらラテ風味のカスタードクリームの組み合わせでさわやかな味わい。販売:~4月15日(水)
デコフルール「春のデコレーション」(3,564円)かわいらしい桜の花のチョコレートとクリームで飾った苺のショートケーキ。販売:~4月上旬
アンテノール「さくらのモンブラン」(594円)さくら餡クリームをダックワーズ、苺のコンフィチュール、クリームに重ねて、さくらゼリーを飾りつけた。販売:~4月中旬
ブールミッシュ「さくら香るチェリームース」(594円)甘酸っぱいチェリーゼリーと桜風味のチェリームース。販売:~3月31日(火)
新宿高野「春色パルフェ」(702円)さくらジュレ、ミルクババロア、ピーチムース、さくらソースを重ねて彩りよく果実を飾り付け。販売:~3月31日(火)
ベルアメール「桜パレショコラ」(1,728円、5枚)春らしい桜モチーフの華やかなデザイン。桜の花のフレークやストロベリー顆粒を入れ風味も食感も楽しめる。販売:なくなり次第終了
銀のぶどう「さくらパイ」(540円、6枚)ほんのり香る桜葉を散りばめ、芳醇な発酵バターで焼き上げた桜の花びらパイ。販売:~4月上旬頃
デコフルール「桜のショートブレッド」(173円、1枚)バターのコクと塩漬けの桜の葉のほのかな塩味が口にひろがるショートブレッド。販売:~4月上旬

桜色や若草色など春を彩る美しい和菓子

菓匠清閑院「春満開(小)」(1,728円)うぐいす豆を入れた抹茶の浮島に、ほんのり桜の味わいに仕上げた黄身しぐれをのせ春野に咲く花と蝶をあらわした。販売:~4月上旬
笹屋伊織「桜しぐれ」(270円、1個)芽吹きの若葉のようなしぐれ生地で、桜風味のあんを包んだ春の香り立つ美しい味わい。販売:~3月末
両口屋是清「醍醐の里(半棹)」(864円)薄紅色・白色に咲く醍醐寺の枝垂れ桜の風情を、桜葉風味の小豆粒あんと餡村雨で表現した棹菓子。販売:~3月末
とらや「中形 羊羹 桜の里(1棹)」(1,944円)道明寺羹と塩漬けにした桜の葉をきざみ入れた練羊羹。桜餅のような食感と桜葉の香りが楽しめる。販売:~4月上旬

皮や餡もさまざまな桜餅

森八「さくら餅」(195円)国産の桜葉、小豆を使用した焼皮のもちもち食感と桜葉の香りを楽しむさくら餅。販売:~4月中旬
たねや「さくら餅」(227円)薄紅色に染めた白小豆餡を道明寺で包んださくら餅。販売:~4月上旬
叶匠寿庵「桜もち」(238円、1個)なめらかで口どけの良いこし餡を道明寺で包んだ。販売:4月上旬までの火、水、土、日

春ならではの季節限定どら焼きが登場

黒船「桜どらやき」(270円)刻んだ桜葉入りの白あんと柔らかな求肥を、もちもち生地で包んだ香り豊かなどら焼き。販売:~4月上旬
森八「春の宝達」(162円、1個)選りすぐりの国内産白小豆に桜葉を仕込んで丹念に炊き上げた桜あんをもち皮で包んだ。販売:~4月上旬
森幸四郎「森幸四郎のどらやき 桜あん」(216円、1個)ふんわり焼き上げた生地に桜葉が香るあんの季節限定のどら焼き。販売:~4月上旬

『西武池袋本店』
西武池袋本店
住所: 東京都豊島区南池袋1-28-1
TEL:03-3981-0111(大代表)
※新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため、営業時間が変更になる場合がある。ホームページで最新情報をご確認ください。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。