くらし

五輪前に国旗を覚える!?│山口恵以子「アプリ蟻地獄」

  • イラストレーション・勝田 文
『あそんでまなべる国旗クイズ』。出題された国旗を4択のなかから当てる教育系ゲームアプリ。無料。

世界中の国旗を当てるクイズアプリ。あなたはいくつ知ってますか?

アトランダムに20カ国出題される「クイック」、全世界出題の「ワールド」、地域別の「エリア」のほか、テーマごとに出題される「セレクション」というジャンルがある。

このセレクションは三色旗(縦と横)、トライアングル(左側に三角形がある)、スターに分かれている。つまり、世界中の国旗の多くはこの三つに分類されるということだ。実際やってみると、三色旗だけでも無限に近い組み合わせが成立する。

私はサッカーにはまっていた時期が二十年ほどあって、ワールドカップやアジア予選で色々な国の国旗を観たので、正答率は良い方だと思ったが、甘かった。世界は広い。

去年の大河ドラマ「いだてん」には、オリンピックの準備のために世界中の国旗を暗記している青年を職員に採用する逸話があった。笑える話だが、笑い事ではなかった。実はある国際大会で台湾の旗を上下逆に掲揚し、国際問題に発展しそうになったことがあったのだ。

現在、国の数は当時より増え、国旗が変わった国もある。コンピューターがあるとは言え、皆さん国旗には随分と神経を使うのだろう。

そして、世界中の国旗を観てしみじみと思ったのは、日章旗・日の丸の素晴らしさだ。一度見たら忘れない。誰でも描けるし、覚えられる。上下も左右も関係ない。世界一のグッドデザイン賞だと思う。

白地に赤く 日の丸染めて ああ美しい 日本の旗は

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。近著に『夜の塩』(徳間書店)。

『クロワッサン』1014号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。