くらし

林 綾野さんに聞く、とっておきの美術館。

目的がひとつあれば、旅はぐんと豊かになります。食の楽しみや名跡めぐりのほかにおすすめしたいのが、全国各地の個性豊かな美術館めぐり。
アートに詳しい林 綾野さんに、何度でも通いたい、とっておきの美術館を聞きました。合わせて行きたい立ち寄り情報付き。
  • 文・松本あかね
林 綾野(はやし・あやの)さん●キュレーター。企画した『かこさとしの世界展』(2020年2月1日〜、東京・八王子)、『おいしい浮世絵展』 (4月17日〜、東京・六本木)が開催予定。

「地方にある美術館の魅力のひとつは、常設の展示室で非常にいい作品と出合えること」と林綾野さん。ひろしま美術館のゴッホ晩年の作品《ドービニーの庭》がまさにそれ。「グリーンのグラデーションで描かれ、ゴッホの最後のスタイルを表しています。精神的な葛藤を抱えながらも絵と向き合い続けた情熱が伝わってきます」

また、宮沢賢治を敬愛する林さんにとって、岩手は特別な場所。賢治ゆかりの光原社と岩手県立美術館にはセットで訪れる。ここでのおすすめは彫刻鑑賞。「眺めているうちにぽろっと涙がこぼれた」というのは《ダミアン神父》(舟越保武作)。「ハンセン病患者の救済に尽くした神父の実直な人間性が伝わってくる、名品中の名品です」

【広島】ひろしま美術館

ゴッホ最晩年の傑作が広島に。フランス近代美術の名品も。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ドービニーの庭》 1890年  油彩、カンヴァス 53.2×103.5cm ひろしま美術館

印象派を中心にフランス近代美術が充実。「世界に数十点しかない、ピカソの“青の時代”の作品も所蔵されています」(林さん)

●広島市中区基町3-2 中央公園内 TEL.082-223-2530 9時~17時 月曜休(祝日の場合は翌平日。特別展会期中を除く)

[合わせて行きたい]あなごめしうえの 宮島口本店
広島名物、あなごめしの老舗。2階の『他人吉(たにきち)』ならコースの予約可。混雑を避けたいならこちらへ。

●広島県廿日市市宮島口1-5-11 TEL.0829-56-0006 無休(2階『他人吉』は火・水曜休) ※営業時間はHP(https://www.anagomeshi.com)で確認。

【岩手】岩手県立美術館

岩手ゆかりの作家の 良質なコレクション。

舟越保武(やすたけ)、松本竣介、萬鐵五郎(よろずてつごろう)の作品がコレクションの中心。「3人の常設展示がどれもすばらしい」

●岩手県盛岡市本宮字松幅12-3 TEL.019-658-1711 9時30分~18時 月曜休(祝日の場合は翌平日)

[合わせて行きたい]光原社本店
敷地内に工芸品のショップ、カフェが。「コーヒーで一服を」

●岩手県盛岡市材木町2-18 TEL.019-622-2894 10時〜18時(冬季〜17時30分) 毎月15日休(土・日曜・祝日の場合は翌平日)

【長崎】長崎県美術館

隈研吾デザイン。明るい日差しが注ぐ美術館。

宗教画から現代までのスペイン美術を収集。プラド美術館のグッズの販売も。

●長崎市出島町2-1 TEL.095-833-2110 10時~20時 第2・4月曜休(祝日の場合は翌平日)

[合わせて行きたい]岩永梅寿軒(いわながばいじゅけん)
カステラが人気の菓子舗。「早起きして並んで買うカステラは極上の口当たり」

●長崎市諏訪町7-1 TEL.095-822-0977 10時〜19時(日曜〜12時) 不定休

『クロワッサン』1011号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。