くらし

めばるとアサリのアクアパッツア【是友麻希さんのレシピ】

毎日食べる煮付けや焼き物。これまで自己流で作ってきた、苦手で避けてきた、そんな人はいませんか。いつもの一品を、我が家の自慢料理にしましょう。
  • 撮影・青木和義 文・一澤ひらり

下処理してから、こんがり焼いて旨みを出す。

「めばるは一尾使うので下処理をします。えら、うろこ、内臓を取り除き、流水できれいに洗います。えらは包丁で取るのが難しければ、キッチンバサミで切りましょう。この作業が面倒なら、購入するお店に頼むとグンと楽になります」

めばるを両面こんがり焼いてから、具材を入れて蒸し煮にすると、焼いためばるの香ばしさにアサリから出た汁や野菜の旨みが加わり、おいしさが格段にアップする。

【材料(2人分)】
めばる1尾、塩・にんにく・オリーブオイル各適量 白ワイン150ml、水150ml、薄口醤油大さじ1/2、アサリ200g、ヤングコーン4本、パプリカ(赤・黄)各1/4個、ミニトマト4個、ピーマン½個、しめじ10本、タイム1本、ローズマリー1本

1.【ポイント】めばるはうろこ、内臓、えらを取り、血をよく洗い流す。隠し包丁を入れ、塩を振って10分ぐらい置く。水気をキッチンペーパーで拭き取る。
2.鍋にオリーブオイルとみじんに切ったにんにく、めばるを入れて火にかけ、両面にこんがり焼き目をつける。
3.食べやすい大きさに切った野菜、しめじ、ハーブ、砂抜きしたアサリ、白ワイン、薄口醤油、水を加えて蓋をし、10分ほど蒸し煮する。

[ほかにもこんな魚で、 アクアパッツアに挑戦。]

いさき、ほうぼう、小鯛など使いやすい大きさの白身魚で。気軽に切り身を使っても。

是友麻希(これとも・まき)さん●魚料理研究家。東京・丸の内で魚と発酵の飲食店『にっぽんのひとさら』を経営。「一般社団法人 さかなの学校」を設立、魚料理の楽しさを伝えている。

『クロワッサン』1009号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。