くらし

赤ずきんをどう育てる!?│山口恵以子「アプリ蟻地獄」

  • イラストレーション・勝田 文
『放置育成ゲーム 赤ずきん〜開かずの森の物語〜』。ダークメルヘンな要素満載の育成ゲームアプリ。無料。

基本的には子供の成長をゲーム化したアプリ。森の中の一軒家に身を隠し、母親の手でひっそりと育てられる赤ずきんの成長記録である。

成長を促すため、画面に登場するエモノをタップし、得点化する。点数が一定の基準に達すると、次の段階へ成長した姿に変身する。

エモノはウサギが一点、子鹿が三点、謎の黒ずきんが五点。

さて、ゲーム開始。得点を重ね、赤ちゃんだった赤ずきんは小さな赤ずきん(以後A)にステップアップ。

さらにナタ持ちA→チーズA→猟師A→ワインA→お裁縫A→お花A→理系A→空飛ぶAと進んで、最後に現われるのは?

寂しげでどこか怪しい音楽、可愛いのに妙に不気味な赤ずきんのイラスト、可愛い声とミスマッチな怖いセリフ等々、このゲームがハッピーエンドでは終わらないことが随所に暗示されている。

お裁縫Aやお花Aは一見可愛い絵柄だが、「このハサミ、お肉も切れちゃうの」というセリフと共に血しぶきを飛ばして肉を切り、大きな花の中心は巨大な口を開けてエモノを呑み、かみ砕いてゆく……。

ああ、そして最後に登場するのは処刑赤ずきん! ネコ型鉄の処女を背後に従え、犠牲者を処刑し続ける。

このゲームで映画「ローズマリーの赤ちゃん」を思い出した。悪魔の子を妊娠した人妻の話だ。赤ずきんの母親も娘がこんな怪物になるとは夢にも思っていなかっただろうに。

実はこのゲーム、まだ終りではない。惨劇には続きがあるのだ!?

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。近著に『夜の塩』(徳間書店)。

『クロワッサン』1007号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。