【4月1日〜14日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

足元を固めるときです。もっと前へ、もっと上へと向上心のベクトルを向けてきた人は多いかと思いますが、「ここではないどこか」ではなく「ここ」をしっかり見つめる2週間にしていかれるといいでしょう。たとえば、目の前の人を大切にする。たとえば、生活のリズムを理想的な状態に戻す。例えば、自分に足りないと思ってきた知識を、ここでしっかり勉強してアタマに入れ込む。そうした地道な努力こそが、グラグラしない強い運を作っていきます。

対人運

やや注意をしたい2週間です。悪い人につかまるとかトラブルに巻き込まれる、といったことではないのですが、どうにも「期待しすぎ」の一面が強調されそうなのです。つまり、あなたの心ひとつでいい関係にしていける、ということ。心配しすぎないでくださいね。「この人なら許してもらえるはず」「このくらいやっておいてくれるはず」といった、ちょっぴり甘えた期待は押入れにでもしまっておきましょう。あなた自身が、凛としているためにも。

金運

人生、何が有益で何が無駄なのか、といったことはわかりにくいものです。その瞬間は「無駄なことをした!」と思っても、後になって「実はプライスレスな価値があったなあ」と実感されることもあります。さて今月は衝動買いをしそうな予感がムンムンに漂っています。ただ、買った後に「またやっちゃった!」「損かも」などと思えるときは、「これをどう活かしてやろうか!」と思うとよろしいかと思います。わらしべ長者のように、別の価値に変えていけるのが今の運なのです。

吉方位

1日:南西 2日:南東、南、北 3日:東 4日:南西、北東 5日:西、北西 6日:北西 7日:南東、北東 8日:西 9日:南西、北西 10日:自由に過ごす日 11日:南東、南 12日:東 13日:南西、北東 14日:西

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。