【4月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

春が来たという嬉しい気持ちはありつつも、どうにもテンションが上がりにくいように感じるかもしれません。ただ、それはそれでOK。新入生、新入社員、新生活などフレッシュな空気に満ちた日々であっても、世の中の人、全員の胸が高まっているわけではありません。あなたの場合は月の後半からスイッチが入るはずですから「そこからが本番」くらいに考えておいていいはず。それまではゆるっと、自分のペースで過ごしましょうね。

対人運

総合的な運気が少しローテンションでありながらも希望を捨てずに頑張れるのは、対人関係が充実するというのも一因でしょう。ときめきを覚えるような相手と出会えたり、パートナーや家族と良い時間を過ごせたりと、嬉しいことがぽつぽつと起こるのが今月。積極的に人と会うことが難しい時期ではありますが、オンラインでもOKなのでいろいろな人と交流してみてはいかがでしょうか。楽しさが運を後押ししてくれるはず。

金運

節約がはかどる時期です。といっても、爪に火をともすようなことをしても、反動でかえって無駄遣いが増えるでしょう。それよりも「他のメリットと掛け合わせる」ことがポイントになります。たとえばダイエットを兼ねてお弁当を作るとか、運動不足解消を兼ねて徒歩で移動する、といったことです。感じるメリットは倍ですし、仮にできなかったときの罪悪感は半分。日常で何をかけ合わせできそうか、探してみてはいかがでしょうか。

吉方位

1日:東、南 2日:南西 3日:西、北 4日:南東、南、北西、北東 5日:東、西 6日:南東、南西 7日:北西 8日:自由に過ごす日 9日:北東 10日:東、西 11日:北西、北東 12日:西、北 13日:南東、南、北西、北東 14日:東、西

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。