【4月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

なんらかのギャップを強く感じてしまい「こんなはずでは」という気持ちが強まってきそう。仕事、家庭、それから人生全般に至るまで「うーん」とうなってしまう時間が増えそうです。ただ、アグレッシブに現状を変えてもまた新しい「こんなはずでは」が生まれるのが今の時期です。今は落ち着いて、目の前のやるべきことを淡々と進めていくのがベスト。そうするうちに、おそらくですがまだ見えていなかった価値が「どうも〜、出遅れました」という感じで、いくつか感じられるようになるのではないかと思います。

対人運

意識しているわけではないのですが、気まぐれな行動を取ってしまいがちです。人に対する熱意が急に冷めてしまったり、そうかと思うと優しくしたり。あなたとしては整合性がとれているのですが、相手によっては「振り回されている」とネガティブに受け取られる可能性が高いでしょう。人を怒らせると長引く時期ですから、衝動的な行動はできるだけ避けましょう。ちょっとした口約束であっても、しっかりと守ること。

金運

華やかな生活への憧れが強まってきます。ただ、金運は低め安定の時期でもあり、テンションも上がりにくいかもしれません。今の生活がくすんで見えるのは悲しいこと。生花を飾ったり、部屋をシンプルに整えたりして、見た目を整えることでじわじわと運気全体を底上げしていくことは可能でしょう。それによって、お金では買えないプライスレスな喜びがもたらされるかもしれません。今はそんな豊かさが六白金星の人を後押ししてくれます。

吉方位

1日:南、南西、北東 2日:南西、西、北 3日:西、北 4日:南、北東 5日:南東 6日:東、南東、西、北西 7日:南西、北西 8日:自由に過ごす日 9日:南、北 10日:北東 11日:西、北東 12日:西、北 13日:南、北東 14日:南東

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。