【4月1日〜14日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

曲がりくねった道を地図もなく進んでいるように、頭のなかには「???」マークが点滅しているよう。すっきりシンプルに見えたことに意外なほど苦戦したり、難しいそうに見えたことが本当に難しくて手を焼いたりと、いつもの調子が出にくいと感じるでしょう。大きな決断は散々熟考したものほど裏目に出たりしがちなので、この2週間はじっくり検討期間に当ててしまってもいいでしょう。もしどうしても決断を!という場合は、信頼できる人に助言をもらうとよさそうです。

対人運

SNSでよくある「ブロック」や「ミュート」。ブロックは相手と繋がれなくする機能、ミュートは相手の発言を見えなくする機能です。せっかくつながっても、どうしても合わない関係というのはままあるもの。最初は楽しかったけれど、自分や相手が変わったことで苦手になることもあるでしょう。そうした、ちょっと辛くなってきた人間関係があるのなら、ブロックやミュート的なことを考えてみると良さそうです。見るたびにイヤな気持ちになるような関係性を目に入らないようにすることで、不思議と人間関係全般が良くなってくるはずです。

金運

残念ながら今は下り坂の途中にあるようです。儲け話はどれも空振りがいいところで、下手をすれば損をする可能性が高いので関わらないのがベスト。特にネットで「これはやっておくべき」と声高に語られがちなものは、信じる時間も惜しいと思ったほうがいいでしょう。収入を上積みすることよりも、無駄を削るほうに頭のリソースを使ったほうが効果的です。使っていないサブスクリプション系サービスを解約するなど、できる対策をしてみては。

吉方位

1日:東、南、北東 2日:南、南西、西 3日:西、北、北東 4日:南東、南、北西 5日:東、南東、北西 6日:東、南東、南西、西 7日:南東、南西、北西 8日:南、北 9日:南、南西、北、北東 10日:東、西、北東 11日:南、西、北西、北東 12日:西、北、北東 13日:南東、南、北西 14日:東、南東

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。