【4月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

総合運

エネルギッシュな新年度のスタートとなりそうです。これといった理由はないけど、不思議と頑張れそうな気分が胸いっぱいに広がっていたり、新しいことへの意欲が湧いてきたりする人は多いでしょう。やりたいことがあるのなら、多少見切り発車であってもトライしてみるのがおすすめです。あなたの勢いと呼び合うようにして、運が動き始めるでしょう。といっても準備もナシにノーガード戦法でいってOKというわけでもないのですが、不思議な勝負強さが今月はあります。

対人運

対人関係も好調です。誰か特定の人と距離が縮まるというよりは、皆とあなたの関係がまんべんなく良くなる、という感じです。ドラマティックではないものの、日々「よかったな」「嬉しいな」と感じられる瞬間が増えていくのでしょう。ただし、過去にしこりを残している人との関係だけはぎくしゃくしたままに。他の人との関係がいいだけあって、余計に悪目立ちしてしまうこともあるでしょう。もしもあなたの側に責任があることなら、「あのときはごめんなさい」と素直に謝ってみるのもひとつの解決策になるでしょう。

金運

金運は好調ながら、出ていくお金は少なくありません。ただ、ケチケチしても運は停滞するばかり。特に差し入れやプレゼントなど、人のために使うお金はできる範囲で気持ちよく出したほうが、かえって金運を後押しするものになるはずです。入浴剤やお祝い用のカードなど、気軽なプレゼントに使えそうなものはいくつか買っておくことも、金運の呼び水になります。いただきものをした際は、お返しをするのもおすすめです。

吉方位

1日:東 2日:東、南東、南西 3日:東、西、北 4日:南、南西、北西 5日:南、北 6日:南東、西 7日:西、北東 8日:北西 9日:北西、北 10日:東 11日:東、南東、北東 12日:東、西、北 13日:南、南西、北西、北 14日:南、北

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。