【4月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【4月1日〜14日の流れ】
コロナ禍のなかで迎える新年度。「もうちょっと待てばきっと状況は良くなる」とは思えないなか、ビジネスを中心に本格的に刷新が行われていきます。常識も仕事の進め方も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えて価値観が一変するのでしょう。大きな組織ほど、大きく変わることを強いられるでしょう。
個人レベルでは「誰と付き合うか?」ということが、いつも以上に大事な意味を持つ時期、流さずに考えておくといいテーマです。4月ということで、会社や所属している組織の体制が一転したり、メンバーの顔ぶれが変わったりする人も多いでしょう。新たな友達ができる人もいるでしょうね。そんなとき、付き合う人はできる範囲で「選ぶ」意識を持ちましょう。決まっていて選べない関係でも、付き合い方は選ぶ。流されるのではなく丁寧に選択する。その姿勢が自分を守り、より良い日々につながっていきます。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

春の心地よい陽気そのままに、気持ちがふわふわする2週間です。何に対しても明るい気持ちを持てますし、楽しみな予定も増えるでしょう。ただし、集中力や注意力もふわふわになるので要注意。用事を済ませるのに時間ばかりかかったり、大事な注意点をまるっと見落としていたりと、影響は決して少なくありません。「びしっとしよう!」などと気持ちだけで頑張ろうとせず、こまめにメモを取る、一度に手をつける作業はひとつまでにするなど、頑張れる環境を整えるとよさそうです。

対人運

心の距離をぐっと縮められる人がいそうです。初対面の人はもちろんのこと、気難しそうだったり苦手だったりして近寄りがたく思っていた人とも、気負いなく話すことができるでしょう。こちらが緊張していると、相手も緊張するというのは世の常です。ただ、今のあなたのやわらかな感性とオーラをもってすれば、心の扉がちょっぴり開いていること、重たそうに見えた扉が実はスーッと開くことなどに、気付けるかもしれません。

金運

趣味や遊びで想定以上のお金を使いそう。特に“推し”がいる人は、その対象を応援したい!という気持ちから、思い切った額をポーンと出してしまうことも。おそらく後悔はないとは思うのですが、もしストレスが溜まっている場合はそれが「ポーン」をちょっと強めに後押ししてしまっているかもしれません。「これでは財布がもたない」と思ったときは、別の気分転換にも意識を向けてみてはいかがでしょうか。

吉方位

1日:南西 2日:東、南、北 3日:南西、北東 4日:自由に過ごす日 5日:西、北西 6日:北西 7日:南東、西 8日:北西 9日:南西 10日:自由に過ごす日 11日:東、南 12日:北東 13日:北 14日:西

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。