【9月15日〜30日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【9月15日〜30日の流れ】
前半に報道されたエリザベス女王の訃報に、大きな時代の“終わり”を感じた方も多かったでしょうか。20世紀を代表する方々の訃報に際するとどうしても「終わった」ことにばかり心が向くものですが、過去に培われた知見や文化というものは、それを土台にして新しいものが生み出されていきます。終わることよりも、何を生み出していくのか。そこに目を向けることで、有意義な日々にすることができるでしょう。実りの秋もいっそう本格化するこの季節、楽しんでまいりましょう。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

心配することのない、どちらかというと強運の星回りです。ただ、こういう時期だからこそ、人間関係でも仕事でも、健康維持についても、敢えて気持ちを引き締めてみると安定するでしょう。強すぎる運気のときというのは、ある意味「強すぎて自分にダメージを与える」などといったこともあるからです。今は何ひとつ問題がないように見える物事も、どこかにほころびが生まれているかもしれません。丁寧に現状を点検し、気になるところをメンテナンスしましょう。

対人運

時間を守る、約束を果たすといった当たり前のことを、当たり前にやっていくことが大事な時期。もちろん、あなたが普段から遅刻常習犯だとか、約束を片っ端から忘れてしまうと申し上げたいわけではありません。ただ、人に対して誠実であろうとすると、思いのほか時間や手間がかかるものです。それを惜しまず、礼儀を尽くすことで、あなた自身も「本当に大事にしたい人」が誰なのか、見えてくるでしょう。それが、この2週間で一番、大事なことなのだろうと思います。

金運

貯蓄運は◎。ただ、ショッピングをはじめ、使うほうは今ひとつと言えそうです。大損ではないものの、妙にツキに恵まれない予感なのです。たとえば破格と思って買った野菜の一部が傷んでいたり、これはと思って買った服が微妙に似合わなかったりと、少々残念なことに。お買い物は「安いから買おう」と思ったときには、敢えて慎重に。そして、使いすぎない倹約ウィークと思って過ごすと安定するでしょう。

吉方位

15日:南西、西 16日:南、南西 17日:南東、南、北 18日:自由に過ごす日 19日:東、南西、北西 20日:東、南東、西、北西 21日:南東 22日:南、北東 23日:東、南西、北西 24日:南西、西、北東 25日:南、南西、北東 26日:南東、南 27日:南東 28日:東、南西、北西 29日:南東、西、北西 30日:自由に過ごす日

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。