【 7月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
さあ、暑い夏がやってきました。カレンダーでいえば下半期のスタートとなる7月は、まずは「いらないものを取り払う」という動きが起こりそう。人間関係も仕事も、用事もモノも「たくさんあったほうがいい」「多ければ多いほどいい」といいわけではないというのは、あなたもご存知のはず。ひとつひとつの物事をよく吟味しながら、いらないものを取り払い、前に進んでいきましょう。なお、「選ばなくても、自然に残ったものを採用する」というやり方もあることはあります。ただ、今月はその方策を取ると、弱い立場に置かれたり、気持ちが迷子になったりと、あまりハッピーな方向にはいきにくい見通し。気が向いた分、できる分だけでも「吟味する」「不要なものを取り払う」ということを意識してみるといいでしょう。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

「変化」の暗示が出ています。好むと好まざるとにかかわらず、現状を変えていく人は多いでしょう。といってもそれは「悲痛な決意」といったものではなく、時代の風にスッと乗ったり、自分が行動を起こしやすいように調整したりと、創意工夫の一環という意味合いが強いはず。新しいことには、どんどんチャレンジしてOKです。おそらくはぐぐっと面白くなって、停滞していたことにも再びスイッチが入ることでしょう。

対人運

一見すると順調で、相手によって程度の差こそあれど「うまくいっている」という実感を得られるとき。ただ、あなたが一方的に我慢を強いられる関係であれば、少し調整をはかってみる必要がありそうです。Noと言うべきところはNoと言う、しかるべき窓口に相談するといったことでもOKです。というのも、このままにしておくとあなたの負担がじわじわと大きくなってくる時期だからです。あなたもよくわかっておいでかと思いますが、頑張る力は、自分のために使うもの。我慢することを頑張るために、使わなくても大丈夫なんですよね。

金運

家族、あるいは親族に関連したことで想定外の出費がありそうな暗示。旅行や帰省を控えている人は、手元の現金に余裕をもたせておくと安心です。投資や副業で稼ぐのは、すでに現状でやっていることを継続していくならOK。ただ、今から始める人の場合は、調子をつかむまでは不安定な見通しとなるでしょう。欲張って一気に稼ごうとしないことが大切です。情報収集がプラスになるタイミングが増える時期でもあります。割引やセールを上手に活用できるといいですね。

吉方位

1日:東、北東 2日:自由に過ごす日 3日:南東、北 4日:東 5日:東、南東、南西 6日:東、西、北 7日:南、南西、北西、北 8日:南、北 9日:西、北東 10日:南東、西、北東 11日:南、北 12日:南、北西、北 13日:東、西、北東 14日:東、南東、南西、北東

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。