【6月15日〜30日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月15日〜30日の流れ】
前半でも触れましたが、いよいよ2022年も折り返し地点。世の中的に、上半期の課題が少々、積み重なったまま下半期に突入する人が多くなりそうです。日々はカレンダーの日付ばかりで全てが決まるわけではありませんから「まあ7月に入ってからのんびりやるか」と思っていては、どうしても気分がダレてくるのも事実です。特に、自分のことについて後回しにしていることは、この6月中に頑張って取り組んでいくといいでしょう。自分の滞りをなくしてこそ、運の滞りも取れていくものと考えて。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

今の自分にとって、ちょっぴりハードルが高いかなと思えることにトライしてみると、自分の伸びしろがぐぐっとアップ。仕事であればスキルアップに、趣味であればワザが向上。スポーツの場合はケガにご注意いただきたいのですが、新記録を打ち立てるようなこともありそう。なお、「できて嬉しい!」に終わらないのが今月の運。できることによって人脈が広がったり、もっと面白いテーマに出会えたりと、運にはずみがつくのです。楽しんでいけると素敵です!

対人運

目上の人から言われたことに、ちょっぴりイラッとしてしまいそう。「ただの冗談だよね」「私を思って、親切心で言ってくれているんだよね」と頭で理解していても、心は理屈通りにはいかないものです。ただ、反発や衝突は、後味が良くないなどメリットはゼロ。その場を離れることで、さっぱり忘れてしまったほうがいいでしょう。SNSで相手の悪口を書くのもNG。本人にバレること以上に、誰かがリアクションをくれるたびにあなたがそのことを思い出すというのが問題です。思い出すたびに苛立っていては、その経験を繰り返しているのと同じ。運も弱ってしまうんですね。わざわざ残さないほうが、幸運につながります。

金運

早く早くと慌てて行動すると、想定外の出費がかさむとき。慌てて走って靴のヒールを傷つけたり、セールで「もうちょっと待てばお手頃価格になったのに」と愕然としたりといったことは、どなたも経験があるのではないでしょうか。忙しいなかで必死に頑張っているのにそうなっては踏んだり蹴ったりです。「頑張っている自分はえらい」というのは前提として、できるだけ心に余裕を持って行動するようにすると、お財布にも余裕ができる。そんなふうに心がけておくのがいいのかなと思います。

吉方位

15日:南、南西、北、北東 16日:北東 17日:南、西、北西 18日:西 19日:南東、北西 20日:東、南東 21日:南東、南西 22日:東、南西 23日:南、北 24日:南、南西、北 25日:南、北東 26日:南、西、北西 27日:西 28日:南東、北西 29日:東、南東、北西 30日:南東

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。