【6月15日〜30日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月15日〜30日の流れ】
前半でも触れましたが、いよいよ2022年も折り返し地点。世の中的に、上半期の課題が少々、積み重なったまま下半期に突入する人が多くなりそうです。日々はカレンダーの日付ばかりで全てが決まるわけではありませんから「まあ7月に入ってからのんびりやるか」と思っていては、どうしても気分がダレてくるのも事実です。特に、自分のことについて後回しにしていることは、この6月中に頑張って取り組んでいくといいでしょう。自分の滞りをなくしてこそ、運の滞りも取れていくものと考えて。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

この6月後半は、何かと時間がかかります。スムーズに進まない、モタモタしているというもどかしさが伴うかもしれませんが、それでOKです。むしろ「怖いほどスムーズ!」「スピーディーすぎて戸惑う!」なんてときは9割方、何かを見落としているはず。ちゃんと怖がったり、戸惑ったりしてリスクを丁寧につぶしておくべきときなのです。基本に忠実に、丁寧にステップを踏んで、この時期を味方につけていけるといいですね。

対人運

信用をコツコツと積んでいく時期。笑顔や気持ちのいい対応など、ちょっとしたことが相手のなかに積み重なり、あなたへの高評価に直結します。特に、過去にちょっと申し訳ないことをしてしまった相手がいる人は、今が頑張りどきと言えそう。同じあやまちは繰り返さないというのはもちろんですが、何事にも熱心で、努力家というあなたのいいところをたくさん、見てもらえるときです。あなたならきっと、関係を良くしていけるだろうと思います。

金運

月の前半に引き続き、貯蓄をはじめとした「貯める」運に恵まれる時期。特に、長い時間をかけて大きくする財にプラスの運気がはたらくときですから、投資信託や金(ゴールドのほう)の積立、iDeCoやNISAといったものは前向きに検討してみるといいでしょう。冒険的なやり方には向かないときなので、できるだけ安定した運用方法を選択し、手堅く増やしていくと良さそうです。すでにやっている人は、その調子! 運の土台はしっかりしていると思って、自信を持って。

吉方位

15日:南、北西、北東 16日:西 17日:東、南東、西、北西 18日:東 19日:南東、北 20日:南東、南、北 21日:東、南西、北東 22日:南西、西、北東 23日:南、西、北 24日:南、北西 25日:西 26日:東、西、北西 27日:東、南西 28日:南東、北 29日:南東、南、北 30日:東、北東

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。