【1月15日〜31日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月後半の運気の流れ】2月3日の立春に向けた半月です。世の中的に、物事の筋道をきちんと通していく流れが生まれるでしょう。不安なニュースでスタートした年明けでしたが、誰もがわかっている通り、それに振り回されても状況が良くなるわけではないのです。世の中的にも今後の指針がはっきりとしたかたちで示されていきますので、ひとりひとりが行動を正し、生活を整えていくことが大事になるのかなと思います。ネガティブな情報に耳を傾けるよりも、問題点を見つけて丁寧に改善策を講じていきましょう。少しずつ、良くしていけるはずです。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

「基礎」というと、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。勉強や習い事を思い出す人もいれば、面白いとは言い切れない反復練習、暗記といったことを連想する人もいるだろうと思います。それと同時に「最初にガッツリやったことがここで役立つのか!」「つまらないと思ったけど、やっておいてよかった」といった、感慨深い思いも蘇るだろうと思います。1月後半は、改めて基礎に立ち戻る期間。丁寧な反復や理解が、これから先の確かな足取りを約束してくれるだろうと思います。

対人運

いろいろな人から要望が上がってくる時期です。アレをああしてほしい、コレをこうしてほしい、ソレをどうかしてほしい等と「ええかげんにせい」という印象もあるかもしれませんが、然るべき対処をしておくと想像以上に楽しくなってきます。新境地が開けてくることもありそうなので、面倒がらずにまずは動いてみるといいでしょう。難しい要望に関しては「それは無理だがこれならOK」と打ち返してみると、意外なほどすんなり話がまとまってくるはずです。

金運

この時期の金運はややピンポイント。蓄財に追い風が吹くときで、たとえば資産運用のやり方を見直したり、目標を決めて小銭貯金をしたり、といったことをしておくといい流れを作ることができるでしょう。副業を頑張ってみるのにも向きますが、疲れが出やすい時期なので頑張りすぎないこと。得意な分野で条件のいい仕事があれば……くらいのつもりでいると、ちょうどいいだろうと思います。ショッピングは月末に。それ以外は空振りが多いかも。

吉方位

15日:東、南西、北西 16日:東、南西、北西 17日:南東 18日:南東、南、北 19日:南、南西、北東 20日:南西、西、北、北東 21日:西、北 22日:南、北東 23日:南東 24日:東、南東、西、北西 25日:南西、北西 26日:自由に過ごす日 27日:南、北 28日:南西、北東 29日:西、北、北東 30日:西、北 31日:南、北東

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。