更新:

【1月1日〜14日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月前半の運気の流れ】2021年がスタートしました。九星気学では、1年の切り替わりは2月の立春から。まあ西洋占星術でも星の動きベースで運気が切り替わるので、年が改まったからといって運気がどうこうなるというものではないのですけれども、真っ白なカレンダーや手帳を目にするとやっぱり、気持ちが引き締まるものです。それこそが、私たちが予測のつかない日々を生きるために大切な「心の切り替え」というものではないかと思います。さて2021年に限っては、2月からの1年を1月のうちから先取りするような傾向が強まってきます。つまり2020年全体を覆っていた「七赤金星」のムードは次第に薄くなっていき、次の「六白金星」のムードが濃くなってくる、ということになります。世の中的には政府主導のお金の動きに注目が集まり、フワフワした気分は薄めに。また、差別やハラスメントといったものには厳正な視線が向けられます。個人の動きとしては「本物の努力」に目が向く時期となるだろうと思います。生活にルールを課し力を蓄える時期と思って、コツコツと物事を進めていくことが大事です。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

このお正月はなぜかカンが冴えるとき。普段から、言葉では説明のできないものの「ピンとくる」「なぜかわかる」といったことが多い人は、ふと頭に浮かぶひらめきをしっかり見つめてみたいところです。胸のざわめきは中旬に向かうにつれて、変化として現れてきます。不安はあるかもしれませんが、今のあなたであれば「躍進」「進化」などプラスの状況に向かうターニングポイントにしていけるでしょう。カギを握るのは自分。「来たな、変化!」と受けて立つくらいのお気持ちでいると、いい流れを作りやすくなります。

対人運

あなたを取り巻く人々の顔ぶれが若干、変化しそう。新しいメンバーが加わることもあれば、物理的・精神的に距離ができる場合もあるでしょう。後者の場合は寂しさもあることでしょうが、ひとまずは流れに任せるのがベストです。ご縁があれば必ずまたつながることになっていますから、しばしのお休みと考えて。新しい出会いは新しい価値観の学びも与えてくれそう。「えっ今はそうなの!?」と思ったときは、自分をアップデートするチャンスと考えて。

金運

資産状況をここで一度、正確に把握しておきましょう。特に電子マネーを多用して出費がガバガバ状態になっている人は、一定のルールを作るとよさそう。商品券やクーポン、ネットサービスのポイント類も一度全部集めて、期限前に使い切るようにしたいもの。自分への「お年玉」的なものも、発見できるかもしれません。

吉方位

1日:北、北東 2日:南、西、北西 3日:東、西、北東 4日:南東、南西、北東 5日:東、南、北 6日:南東、北西 7日:東、南西 8日:東、南東 9日:南 10日:北東 11日:南、西、北西 12日:東、西 13日:南東、南西、北東 14日:東、南、北

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。