慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)

原因と特徴

硬膜と脳の間に血がたまっていくことで起こる病気です。その原因は頭部の外傷によるものがほとんどで、たとえ軽度のケガであっても引き起こす要因になることがあり、主な症状がある場合、脳神経外科を受診しましょう。例えば、転んで少し頭を打った、机の角に頭をぶつけたなどのささいな衝撃でも発症するリスクがあります。また、お酒をよく飲む、水頭症の手術後、抗凝固剤を服用している、透析を受けているなどの場合は発症率が高まるともいわれています。症状としては頭痛や吐き気が目立ちます。血腫の場所によっては麻痺やけいれん、運動機能の低下、筋肉のしびれなどをともなったり、人によっては物忘れや失禁など認知症に似た症状がみられます。

治療

治療において、血腫を手術で取り除くことが必要です。手術では、局所麻酔でチューブを挿入することで血腫を除去します。また、外科手術は行わずに漢方薬などによる内科的な治療を行うこともあります。

監修

前田裕輔 (まえだ・ゆうすけ)

グランプロクリニック銀座院長

関西医科大学卒。内科専門医、日本抗加齢医学会専門医。

https://granpro-clinic.com/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE