からだ

やっておけば差が出るポイント。むくみ対策基本の“き”。

年々感じる顔のたるみや脚のむくみ。でも「加齢・老化だから放置」は厳禁です。身体の不調とたるみ・むくみは深い因果関係が。
早く正しく対処すれば、全身の状態は必ず改善していきます!
  • 撮影・玉置順子(t.cube) イラストレーション・山中玲奈 文・板倉ミキコ

むくみ対策

1.たんぱく質を積極的に摂るべし!

むくみは、血液中の血漿たんぱく質の量が少ないことが要因で起こりやすい。血漿たんぱく質の減少は食事と密接に関わっている。高齢者や野菜中心の人の食生活は、たんぱく質不足が問題となりやすいもの。ダイエット時も要注意。たんぱく質は摂りだめることはできないので、こまめに食事に取り入れるよう心がけたい。

2.食前、食後の血糖値の上下動を穏やかに。

食前、食後の血糖値の差が激しいと、血管の組織が糖化によってもろくなり、血管壁に炎症が起きる。炎症は血管壁を損傷させるのでむくみを引き起こす可能性大。老化促進物質のAGE(糖化最終生成物)は、血糖値の上下動が激しいほど作られやすいので、急激に血糖値を上げない食品を選んだり、食べ方に注意しよう。

3.運動をして筋力と血流をアップ!

血流、心肺機能、代謝、ホルモン分泌の低下は筋肉が大いに影響を及ぼしている。熱エネルギーを生み出し、200種ほどのホルモンを産生している筋肉は、誰しも年齢とともに衰えてしまう箇所。定期的に運動をすることで筋肉を鍛えれば血流は改善され、むくみにくい身体に変わっていく。変化がわかりやすいので鍛えがいも。

4.睡眠の質を改善することを心がけよう。

朝起きた時に身体のむくみを感じる人は、睡眠不足や睡眠そのものの質が関係している可能性が。睡眠中は細胞が生まれ変わり、疲労物質などを解消するもの。睡眠の質が悪いとそれらに必要なホルモンが分泌されにくく、血行不良も起こるので、老廃物が溜まり、むくみとなって現れる。質の良い睡眠がとれる方法を模索して。

5.日常の自分のむくみの変化にこまめに気づこう。

顔のシワやたるみを気にする人は多いけど、むくみは案外軽視しがち。とはいえ、病気のサインである可能性もあるので、日々のチェックはこまめに行いたい。ただ、筋肉や脂肪がある箇所は触れてもわかりにくいので、皮下にすぐ骨のある、頭や脛の内側、くるぶしの周り、皮膚の薄いまぶたなどで変化を確認しよう。

教えていただいたのは…

上符正志さん
うわぶ・まさし 銀座上符メディカルクリニック院長
抗加齢医学専門医。アンチエイジング先進国・米国の最新の治療と検査を提供。特に、副腎疲労がもたらす症状の改善に注力している。

松宮詩依さん
まつみや・としえ 東京皮膚科形成外科銀座院勤務
リハビリテーション科専門医、形成美容外科医。予防医学に精通し、リハビリ医療にも携わる中、骨や筋肉のアンチエイジングを提唱する。

『クロワッサン』996号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。