からだ

デザイナー山瀬公子さんのおしゃれのルール。

いつもおしゃれな大人の女性には、自分なりのファッションルールがあった。三者三様の着こなしのコツには、参考になるヒントが満載。
  • 撮影・玉置順子(t.cube) 文・長谷川未緒

トラッド&モードに遊び心をプラスして、ファッションを楽しみ続けたい。

かつて古着店を経営し、現在は自身のブランドでデザイナーを務める山瀬公子さん。ビンテージクローズと現代の服を組み合わせた、シックでチャーミングな装いが印象的だ。

「基本はトラディショナルに、少しモード感をプラスした服が好きですね。でもたまに、どこに着て行ったらいいのかわからないような、非日常的な服を着るのも、わくわくします」

柄物や色の際立つ服、ユニークなデザインなども、臆せず、取り入れていきたいと言う。

「削ぎ落とした美もありますが、私はあれこれオンして、いつまでもファッションを楽しみたいんです。人に不快感を与えない装いであることは大切ですが、年齢がどうとか、流行がどうとか、人目を気にしているひまはありませんよね。我が道を行きたいし、行っていい年齢になったかな、と思います」

【ルール1】 フラワープリントなどの柄物を、 ためらわずに、堂々と着る。

旅先で購入した〈マルニ〉のシューズ。「奇抜に見えるけれど、意外と何にでも合わせやすくて、便利です」
旅先で購入した〈マルニ〉のシューズ。「奇抜に見えるけれど、意外と何にでも合わせやすくて、便利です」

柄物の服はよくデザインするし、自分でも積極的に着ているという山瀬さん。

「私が子どもの頃は、大人の女性は花柄のワンピースを着ていて、大人になったらああいう格好をしたいと思っていました。いつの頃からか、みんな柄物というと恐れおののいて着なくなってしまったけれど、柄物はビタミンみたいなもので、着てみると元気になれますよ」

小さな柄なら無地感覚で着られるし、大きな柄も、色づかいを合わせて全体に統一感を出せば、すっきりと着られるのでは、と。花柄プリントのブラウスから地色のグリーンをとって、アメリカ軍のビンテージパンツと合わせたコーディネートは、柄物が浮かずに、落ち着いた着こなしになる。

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE