からだ

【くっきり刻まれたほうれい線の悩みに】間々田佳子さんに教わる顔筋トレーニング。

毎日簡単に実践できる、悩み別・顔筋トレーニングを、間々田佳子さんがご紹介。身体だけじゃなく顔も鍛えましょう。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘア&メイク・広瀬あつこ イラストレーション・かざまりさ

化粧直しをしようと鏡を見たらほうれい線に沿ってファンデーションが詰まっていることも……。
「あごだけに力を入れて笑うと、マリオネットライン(唇の両脇の部分からあごに向かって伸びる2本の線)が目立ち始めます。使われない頰はどんどんたるんでいき、ほうれい線ができやすくなるので、頰を使って笑いましょう」

フェイスラインのV字上げ

頰の筋肉(主に大頰骨筋)を鍛えて、頑固なほうれい線を撃退する。

1.マリオネットラインの周りを指でくるくると回す。あごの筋肉(口角下制筋)をほぐして、力が入っていない状態に。
2.写真のように、口とあごラインでV字をつくるように手の平を使って持ち上げる。この時、大頰骨筋を力強く引き上げて笑顔をつくる。
3. 2の状態からこめかみまで手をスライドさせ、あごのV字をそのまま5秒キープ。あごから手を離しても、口角下制筋を動かさないように。
4.こめかみに添えていた手を離す。大頰骨筋を引き上げたままV字をさらに5秒キープ。手を使わずに、2の笑顔をつくれれば完璧。
「いーっ」と力を入れて笑ってばかりだと、ほら、ほうれい線がくっきり。
1.マリオネットラインの周りを指でくるくると回す。あごの筋肉(口角下制筋)をほぐして、力が入っていない状態に。
2.写真のように、口とあごラインでV字をつくるように手の平を使って持ち上げる。この時、大頰骨筋を力強く引き上げて笑顔をつくる。
3. 2の状態からこめかみまで手をスライドさせ、あごのV字をそのまま5秒キープ。あごから手を離しても、口角下制筋を動かさないように。
4.こめかみに添えていた手を離す。大頰骨筋を引き上げたままV字をさらに5秒キープ。手を使わずに、2の笑顔をつくれれば完璧。
「いーっ」と力を入れて笑ってばかりだと、ほら、ほうれい線がくっきり。

間々田佳子(ままだ・よしこ)●顔ヨガトレーナー。小顔・若返りのプロとして、これまでに2万人を超える受講者を指導。近著は『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』。

『クロワッサン』989号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE