からだ

その1日を特別な日にする。それこそがアクセサリーの持つ力。

〈連載〉美しき人生のそばに(6)。人生を楽しむ女性たちに、暮らしのヒントを教えてもらう連載。今回は、自由にアクセサリーで遊ぶ方法です。
  • 撮影・森山祐子 文・越川典子

重ねづけのコツは、異素材を組み合わせること。

ブランド名どおりの黒いドレスに映えるパール。阿部さんの手元に置かれたプレミアム クリーム No.1は、シミとシワの両方をケアしてくれる。「きらきらとアクセサリーのようにきれい。使い心地もとってもいいです」。東京・恵比寿のショップで(TEL:03-6662-5436)。※恵比寿店では、2019年1月5日より、プレミアムなアイテムが揃ったラッキーバッグを数量限定で発売(12月27日〜1月4日休)。

阿部好世さん
あべ・よしよ 「プティローブノアー」デザイナー
1999年に単身渡米。デザインを学び帰国。2009年「petite robe noire」を立ち上げ、コスチュームジュエリーとドレスで「日々の冒険」を提案し続ける。

パールを何連も重ねる? 重くない?実際に身につけて、その軽さとゴージャスさに魅了された女性は数知れない。

コットンパール︱︱クラシカルな印象なのに、カジュアルでモダンな「今」を伝えるこの素材は、デザイナー・阿部好世さんの代名詞にもなっている。

「軽いからこそ、デザインも自由になる。身につける人のカラダにも負担にならない。もっと自由に、もっと遊んで、もっと楽しんでほしい。それが私のデザインの原点だと思います」

「プティローブノアー(小さな黒いドレス)」というブランド名のとおり、今日は自作のドレスで「遊んで」もらった。

「ネックレスをつなげてロングにしたり、巻きつけてブレスレットにしたり。ブローチだけじゃなく、ヘアクリップをバッグやコートにつけることも」

全身をガラリと変えるのは難しくても、アクセサリーなら冒険もできる。

「たった一つのアクセサリーを身につけるだけで、ワクワクドキドキする。その日1日がまったく違う1日になることもあります。大人なら、自分をハッピーにする手段としてアクセサリーを使うこともできますし、それは、多くのことを経験してきた女性だからこそ味わえる境地かもしれません」

モノや時間を楽しむゆとりこそ、女性を美しくする、と阿部さんは言う。

「いくつになっても前向きで、自分で自分を楽しませることのできる女性。そんな女性は私の憧れでもあります」

イヤリングとイヤークリップの重ねづけ。「片方でもいいし、左右違うものでも」。発想は自由。首には、新作のダイヤレーン×オニキス樹脂のネックレス。
ネックレスをバッグにつけてみる。黒いリボンのヘアクリップも加えて大人かわいい印象に。「バッグも、大きなアクセサリーと考えてもいいと思います」
発売以来ずっと絶大なる人気を誇るコットンパール。ゴージャスで、でも驚くほど軽い! 「シンプルな波形のネックレスも入れて、3種類を重ねています」
ブレスレットも3種類。パールとゴールドは、実はネックレス。手首に巻きつけている。「どう使ってもいいんです。白いTシャツとジーンズにも合います」
複数の指輪がチェーンでつながっている人気アイテムはオーダーで。ピンクのブレスレット(新作・革製)と合わせてみた。
コートの衿元。インナーのボウタイを外に出し、大きなコットンパール一粒。上品でいて、キュートな印象になった。

だから、そばにデルメッド。

「若いときから笑いジワが気になっていて。だから、アイクリームにはうるさいです(笑)。これは、肌にぴたっと留まって、目元を内側から支えてくれる。ボトルのピンクもかわいらしくて、いつもそばに置いておきたいです」(阿部さん)

デルメッドの
基本スキンケアの無料サンプルと
ブランドブックがもらえます。

お申し込みは
[フリーダイヤル]0120-847-447まで。

問合せ先・デルメッド 〈フリーダイヤル〉0120-847-447 www.dermed.jp

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE