からだ

【女優 原田美枝子さん】自分をキレイと思わせてくれるメイクや服に挑戦したい。

  • 撮影・徳永 彩(KiKi inc.) スタイリング・坂本久仁子 ヘア&メイク・伊藤礼子(資生堂) 文・中込久理

目元を印象的にするために、肌のベース作りは軽やかに、丁寧に。

メイクでスイッチが入る原田さん、今回は顔が変わるにつれドラマチックな女優の顔に。

大人にふさわしい目ヂカラを出すためのポイントは眉とまつ毛にあると、伊藤さんは言う。
「眉の形は瞳の上部分をやや濃いめに描き足してストレートに、太めにすると目元が締まって若くフレッシュなイメージになります。まつ毛はマスカラで放射状にしっかり上げて。こうするだけで目が大きく見えて、目元のリフトアップ効果が狙えるんです」

アイシャドウは肌よりワントーン濃い色でホリを起こし、まぶたの中央にヌーディな輝きをプラスしてまつ毛を際立たせる。これは誰にでもできて、大人にトライしてほしい簡単なテクニック。
「まつ毛はビューラーとホットビューラーできちんと上げて、マスカラもしっかりと。大人はまつ毛が薄くなると顔がぼんやりするので、これは取り入れたいです。アイラインも丁寧に描いてからぼかしています。ちょっとしたひと手間で目元の印象って変わるものですね」。原田さんもアイメイクに感心することしきり。

さらに、冴えた目元にするためのベースメイクにもコツがある。
「大人の肌は、透け感と艶が大事です。濃いめの色のBBクリームに艶感のあるBBクリームを重ねると、肌の赤みがカバーできて自然なメリハリも生まれます。フェイスラインをシェーディングして顔の輪郭を引き締め、チークはナチュラルカラーでふんわり仕上げると全体のバランスが取れます」(伊藤さん)

もともと肌がきれいで引き締まった顔立ちの原田さんも、光と影を仕込んだベースメイクでさらにイキイキとした表情に。また、目元をポイントにしたメイクには、唇の血色感を上げる赤みベージュ系のリップが好相性。
「メイクを濃くすると“頑張ってる感”が出てしまうけど、BBクリームで作るベースなら自然だし、アイメイクもさりげなく目ヂカラが出て気に入りました。メイクが気に入ると、うれしくて口角も自然に上がるじゃない? 自分が楽しめるメイクをこれからも試していきたいですね」(原田さん)

透け感のあるベースメイクとシェーディングでメリハリ顔に!

質感の違う2種類のBBクリームを重ねた後、フェイスラインにブラシでサッとシェーディングを。仕上げにパウダーチークを重ねると引き締まった明るい肌に。
肌に潤いと艶を与えながら小じわやシミなどをカバー。肌に合わせたカラーにトーンアップカラーを重ねてもOK。プリオール 美つやBBジェルクリーム オークル2、トーンアップカラー 各30g 3,000円※編集部調べ(資生堂 TEL:0120-30-4710)
血色感のある自然な頬に仕上がる赤みと艶で、ハリ感ある顔立ちに。目の下やほうれい線を補整する影消しパウダー付き。プリオール美リフトチークレッド 2,800円*編集部調べ(資生堂)
ムース状のテクスチャーが肌でパウダーに。自然な陰影が生まれる。SHISEIDO ミニマリストホイップパウダーブラッシュ 04 4,000円(資生堂インターナショナル TEL:0120-81-4710)

太めストレートな眉とマスカラで目元がグンとフレッシュに印象アップ。

眉は下ラインを描き足してストレートにし、やや太めに描くと顔立ちが若々しく見える。まつ毛はマスカラでしっかり放射状になるよう上げて。
細身のコームでまつ毛を根元から持ち上げ、自然な上向きまつ毛に。ダメージを補修してまつ毛にコシを与える。プリオール 美リフトマスカラ ブラック 2,200円*編集部調べ(資生堂)
「描く・ぼかす・なじませる」の3ステップ。ペンシルとパウダー、付属のブラシで美しく自然な眉に仕上がる。SHISEIDOブロウインクトリオ033,000円(資生堂インターナショナル)
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。