からだ

【ストレス編】心が弱ったときのツボストレッチ。

  • ライター 齋藤優子  イラストレーション 中村久美

ストレスで 首や肩がこる

女膝(じょしつ)からアキレス腱(けん)の上までもむ

場所:かかとと足首の間のくぼみ、アキレス腱のいちばん下

方法:親指と残りの指ではさむようにして、かかとからアキレス腱の上までもむ。

[ 体の不調にも効く ]
かかとの痛み 
歯槽膿漏 
歯周病

エネルギーが滞って、首や肩が張っている状態。首のこりや痛みをよくするとされる女膝からアキレス腱までを使います。

ストレスで頭がパンパンになる

上に向かって

陽白(ようはく)を斜め上に持ち上げる

場所:眉毛の真ん中から親指1本分上

方法:陽白に指を当て、眉毛と額の間を広げるように、やさしく斜め上に持ち上げる。

[ 体の不調にも効く ]
頭痛 
めまい 
目の症状
首やうなじのこわばり

頭のエネルギーや水分が熱くなって、張っているような状態。体の熱を取ってくれる陽白を刺激して、頭の熱を下げ、前頭部の薄い筋肉にも働きかけて、頭皮のこわばりを取り除きます。

『Dr.クロワッサン 心が弱ったときのツボストレッチ。』
柳本 真弓 監修
定価:850円 (税込)

肩こり、腰痛、ダイエット……、ツボは体をよくしたいときに押すものと決めつけていませんか。
イラっとしたとき、むなしいときなどにも、ツボは効果を発揮します。

心と体は表裏一体なのです。
眠る前に、今日一日の心の疲れもリセットしてみてください。

[ 監修 ]柳本真弓(やなもと まゆみ) 鍼灸按摩マッサージ指圧師、リンパドレナージセラピスト、『目白鍼灸院』院長。

大学卒業後、ひょんなことから興味を抱き、一念発起して鍼灸の世界へ飛び込む。鍼灸師として、さぁこれからという時に、“怖くて電車に乗れない”という試練に遭う。勤務鍼灸師として働いている時も、壁にぶち当たること多々。壁を乗り越えたい! 治療技術に自信を持ちたい! と門を叩いた北海道の師匠の元での修業も終え、何とか鍼灸専門院を開業するまでこぎつける。コンプレックスのかけらもなさそうに見えて、実は、日々あっちで傷つき、こっちでへこみ、ちょいちょい落ち込む。だからこそ患者にも言葉が響き、10年間来院者が後を絶たない。ちなみに、話しぶりもまた、見た目の印象とは裏腹に、かなりあけっぴろげ。「ものすごいクセ毛なんですけど、ブローするのもパーマかけるのも面倒臭くて」というわけで、前髪まですっきりと後ろにまとめたポニーテール姿で、日々治療を行っている。

http://mejiroacu.com

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。