暮らしに役立つ、知恵がある。

 

睡眠負債を解消する、寝たままできるゆらぎ体操。

ごろ寝して身体をゆらすだけで不調が改善されると噂の体操から、睡眠改善を目的として絞り込んだ実践法を教わりました。

撮影・中島慶子 文・斎藤理子 ヘア&メイク・Peko Kanesaka モデル・山口洋子(日本ゆらぎ体操セラピー協会認定講師)

各体操のあとに行えば、よりリラックス。熟睡へ導く〈ゆらゆらクールダウン〉。

睡眠負債を解消する、寝たままできるゆらぎ体操。

各体操のあとに行いたいクールダウン。寝る前にこれを行うだけでも寝つきがよくなる。仰向けで腕も脚も自然に伸ばした姿勢で、足首・脚→腰→手首・腕→頭を順にゆらして。

1. 脚

力を抜いて、足首を左右にゆらゆら。無理をせず可動範囲で。
力を抜いて、足首を左右にゆらゆら。無理をせず可動範囲で。

2. 腰

2パターンからやりやすいほうを。ひとつは左右にゆらす方法。
2パターンからやりやすいほうを。ひとつは左右にゆらす方法。
別バージョン。骨盤を中心に片方ずつお尻を浮かすイメージ。
別バージョン。骨盤を中心に片方ずつお尻を浮かすイメージ。
2パターンからやりやすいほうを。ひとつは左右にゆらす方法。
別バージョン。骨盤を中心に片方ずつお尻を浮かすイメージ。

3. 腕

手のひらを上向き→下向き、と繰り返す。指先まで力を抜いて。
手のひらを上向き→下向き、と繰り返す。指先まで力を抜いて。

4. 頭

やさしく左右に。首と肩をゆるめる。最後は深く深呼吸して終了。
やさしく左右に。首と肩をゆるめる。最後は深く深呼吸して終了。

森 明彦(もり・あきひこ)●日本ゆらぎ体操セラピー協会会長、整体指導者。ヨガの指導員を経て数々の健康体操や整体法などを研究。その集大成として「ゆらぎ体操」を考案。www.ha-i.jpで動画も公開。

『クロワッサン』967号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

04 / 04
  1. HOME
  2. からだ
  3. 睡眠負債を解消する、寝たままできるゆらぎ体操。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載