食事指導で判明!大人のダイエットにこそ、ご飯が必要。 | ダイエット | クロワッサン オンライン
からだ

食事指導で判明!大人のダイエットにこそ、ご飯が必要。

自己流ダイエットに励む、クロワッサン倶楽部メンバーの食生活を管理栄養士の柏原ゆきよさんが指導。食材は多品目を摂るべき? 晩酌後のご飯はタブー? そんなダイエットの常識を覆す、驚きの提案が次々と。
  • 撮影・岡本 潔 文・大澤千穂 料理・渡邊美穂
管理栄養士の柏原ゆきよさん(中央)。クロワッサン倶楽部の今西千登瀬さん(右)と小林未知子さん(左)。

柏原ゆきよさん(以下、柏原) 2日間の食を見る限り、お二人とも朝食を摂っているのが素晴らしいですね。朝食べると体温が上がって、代謝がよくなるんです。でもちょっと工夫を加えれば、もっといい食事になりますよ。

小林未知子さん(以下、小林) 多品目を摂ったほうがいいかと、幅広い食材を取り入れるようにしているんです。

柏原 よく「30品目を目標に」なんて聞きますよね。でも現代人は外食でいろいろ食べるので、家での食事は品目にこだわらなくていいんです。いろいろ食べると脂質も添加物も増えやすくなりますから。その点でも私は余計なものが入りにくいお米と味噌汁をおすすめしています。でも、お二人ともお米の量が圧倒的に少ないです! 一方でジュースやスープなど液体が目立ちますね。

今西千登瀬さん(以下、今西) スムージーなどは野菜不足を補えるしダイエットにもいいと思っていました。

柏原 液体が多いと咀嚼が減り、かさもないので体内運動が弱くなって早く衰えるんです。固形物を食べない人ほど、お通じが滞る傾向があります。

今西 えっ! 今までいろいろなダイエットドリンクや食事制限に手を出しては失敗して、余計痩せにくい体質になっている気がしていたのですが、食べないこと自体が太る原因なんですか?

柏原 痩せたとしても体力も落ちてシワも増え、老けて見えます。年を重ねてからは細さだけでなく、いかに若々しさを保つかも重要。大人のダイエットこそ、ご飯を中心に食べるべきです。

小林 その場合、ご飯はどのくらい食べていいものなんですか?

柏原 お茶碗山盛りで、おかわりもぜひ! 一日2合、つまり1杯150グラムの平均的なお茶碗なら一日4杯半。小林さんが食べている量の倍です。

小林 そんなに食べていいんですか!?お米大好きなのでうれしいです!

今西 無性に甘いものを欲してしまい、間食がやめられないのも悩みの種です。

柏原 それも炭水化物が不足しているせいかも。炭水化物は生きる上で不可欠なエネルギー源なので、足りなくなると食欲が暴走して、間食すると止まらなくなるんです。

今西、小林 あるある!

柏原 お二人とも炭水化物だけじゃなく、食事量がかなり少ないです。年とともに燃えにくくなるので、しっかりと燃える食事、出せる食事に切り替えないと。単に食事量を減らすと食が細り、美容以前に体力が衰えますよ。

今西 最近いくら寝ても疲れが取れないような気がして……。それもエネルギー不足が原因ですか?

柏原 そうですね。今は〝疲れ〟で済んでいますが、早めに食べて燃やせる体を作っていかないと何十年か先が心配。

小林 そういえばうちの祖母は101歳まで生きましたが、穀物をたくさん、よく噛んで食べていました。

柏原 そうそう、私がこのメソッドに行き着いたのも長寿の方の食事がきっかけなんですよ。100歳以上で元気な方たちは皆、若い頃と同じくらいよく食べ、お米をしっかり摂っています。

今西 「胃に負担をかけないよう、年を重ねて食事を減らした」なんて話を周りから聞きますが、まるで逆ですね。

柏原 たくさん食べて胃を鍛えて! 特にお米は燃えやすく、腸内環境の改善効果も。ところでお通じの状態は?

小林 私はお腹がゆるくて。

今西 私は出ない日もあります。やっぱり毎日出すべきですよね。

柏原 それどころか、きちんとご飯を食べていれば、お通じは一日2回。

今西 そんなに!

小林 お通じがゆるいのは、お酒をたくさん飲むことも原因でしょうか。最近ちょっと体温も不安定なんです。

柏原 それは自律神経や腸内環境の乱れが原因かも。でも自律神経は咀嚼する食事で副交感神経を活性化すれば改善できますし、腸内環境も今の食事に穀物を足せば変わります。でも白米だけだと効果はゆるやかなので雑穀を加えてみてください。咀嚼も増えますし。

小林 よい雑穀を選ぶ方法は?

柏原 雑穀は品質がまちまちなので、◯◯県産など出どころのわかるものを選んで。十五穀米とか多種類を入れたものもありますが、不必要な雑穀も入っていることが多いので、おすすめしません。あと割れた粒が多くないかも、底面からチェックしてくださいね。

今西 私は取り入れたいんですが、夫や子どもが食べるか心配です……。

柏原 家族が食べないのは、おいしくないから。新鮮な雑穀を選べばおいしいですし、色が気になるならキビなど、白米と似た色の雑穀を選ぶといいです。

小林 それなら家族で食べられそう!

野菜はサラダで摂取。大のパン党、今西さんの2日間。

【1日目の朝】自ら「中毒的」と認めるパン好き。メインはチーズトースト。スープにイチゴをのせたヨーグルト、野菜も少々。

【1日目の昼】エビアボカドサンドに、菓子パンをプラス。「最近疲れ気味で野菜不足が気になり、スムージーも買いました」

【1日目の夜】家族と夕食。筑前煮と麻婆豆腐、そして「サラダは体によさそう」とレタスとトマトを生で。主食はここでもパン!

【柏原さんアドバイス】

パンが多いですね。夕食のパンをお米に替えるだけでもバランスが改善されます。サラダはドレッシングに脂質が多いので無理に摂らなくてOK。スムージーも糖分や添加物が多いものもあるので、飲まなくても。

【2日目の朝】珍しくお米。納豆ご飯と味噌汁(具は豆腐となめこ)。キュウリ、トマト、キャベツのサラダを添えて健康を意識。

【2日目の昼】職場近くで外食。チキンソテーと野菜少々+ご飯のワンプレートとスープ。「忙しくない日は昼もビールを少し」

【2日目の夜】家で家族と。卵と野菜の牛肉巻き、大根とにんじんの煮物、小松菜のおひたし。エビ、アボカド、水菜、豆腐のサラダ。

【柏原さんアドバイス】

朝のご飯が少ないので量を増やし、ランチもご飯は大盛りに。夜もおかずは品数を半分にして炭水化物をプラスして。味噌汁の具は3種を目標に緑黄色野菜や豆腐、きのこなどを入れると栄養価が上がります。

昼はママ友ランチ、夜は夫と晩酌。小林さんの2日間。

【1日目の朝】「なんとなく朝はパンが多め」。サンドの具はハム、レタス、キュウリ、チーズ。コーンスープと野菜ジュースも。

【1日目の昼】ママ友とのランチはトマトとチーズのスパゲティ。「トマト大好き! ランチは一人のときも手軽な麺で済ませがち」

【1日目の夜】夫と晩酌。餃子をおつまみにビール。副菜にキムチ冷奴、トマト。味噌汁は飲むが、この日はご飯を我慢。

【柏原さんアドバイス】

全体のカロリーは控えめですが、パン、パスタ、餃子と小麦は多め。ランチを友だちと楽しむためにも朝夜はご飯を食べて体調を整えて。お米は肝臓のエネルギーにもなるので、お酒を飲む人にこそおすすめです。

【2日目の朝】ご飯、味噌汁、目玉焼き、納豆。ご飯は女性用の小さめ茶碗に軽く1杯。「忙しい朝は10分くらいで手早く」

【2日目の昼】息子の好物、ミネストローネ。「息子用にはスープにペンネを入れますが、私はパンだけ。少し物足りないかな」

【2日目の夜】晩酌。豚肉、しめじ、キャベツの炒め物を中心に、トマト、納豆、キムチ。ご飯は110g。味噌汁の具はアオサ。

【柏原さんアドバイス】

朝食と夕食はバランス良好。でも全体に量が少ないです。ご飯を増やし、味噌汁も具だくさんに。スープは塩分過多になりがちなので注意。雑穀ご飯を入れてリゾット風にすると咀嚼も増えて満足感も増します。

お酒のカロリーは無視してOK。 シメにはお米をしっかりと!

今西 ところで外食も和食にすべきでしょうか。私はとにかくパン好きで、外食でもパンを選んでしまいます。

柏原 まずは2週間ご飯食に集中し、満足感が得られるようになれば、自然とパンを欲しなくなるはず。1週間くらいでお通じも改善されます。今西さんはお仕事をされているので職場で食事することもあると思いますが、その際は、おにぎり屋さんを利用しては?私もよくお昼に買って、普通サイズなら一食に3、4個は食べますよ。

小林 そんなに食べていいんですか!?

柏原 はい。でも楽しむための外食は、好きなものを食べてくださいね。お友だちと一緒のときはパンでもパスタでも。私も夜は飲みに行くことが多いですが、そういうときは制限しません。

小林 お酒好きなのでうれしいです。でもお酒を飲むと、すぐ太る気が……。

柏原 アルコールのカロリーはエンプティカロリーと言われるもので体に蓄積されず分解されていきますから大丈夫。アルコールだけでは太りません。もちろん飲みすぎれば体調には影響しますが(笑)。揚げ物など、お酒のおつまみで太る場合がほとんどです。

今西 とはいえお酒を飲むと、つい食も進んでしまうんですよね〜。

柏原 そんなとき私は先にご飯を軽くお腹に入れてから飲むことで、おつまみの過食を防いでいます。

小林 私も晩酌のときご飯を食べたいんですが、夫が「お酒に米は太るぞ」って。でも食べていいんですね?

柏原 もちろん。飲んだら、ご飯と味噌汁でしめるのを習慣にしてもいいですね。ご飯は腸の内容物を押し出す効果があるので、翌朝スッキリしますよ。

小林 食事もお酒も制限せずに痩せられるなんて、目からウロコ! 朝はパンで済ませがちでしたが、これからは雑穀米ですね。夫にも食べさせなきゃ。

柏原 そう、食べないなんてもったいない。食べたら出せばいいのよ!

今西 ダイエットオタクでいろいろ試してきましたが、お米って一番食べてはいけないものと思い込んでいたので、本当に驚きました。きれいに痩せるために、まずはしっかり食べます。体がどう変わっていくか、今から楽しみ!

『クロワッサン』952号より

●柏原ゆきよさん 管理栄養士/一般社団法人日本健康食育協会代表理事。「しっかり食べて太らないカラダづくり」メソッドを確立。無料メルマガ「おなかやせメール」を配信。最新刊『〜ズボラな人に朗報!〜食べて飲んで おなかからやせる』(かんき出版)が6月28日発売。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE