生で食べるハチミツは、オーガニックが基本です。 | からだ | クロワッサン オンライン
からだ

生で食べるハチミツは、オーガニックが基本です。

リゴーニ ディ アシアゴ社生で食べるハチミツは、
オーガニックが基本です。

撮影・青木和義 文・奥山夏実
加熱処理もしていない、加工もしていない、農薬もない、ピュアで本物のハチミツはそのままで味わいたい。
 
ピュアだから栄養もおいしさも生きています。
吉川千明さん
よしかわ・ちあき 美容家、オーガニックスペシャリスト
吉川千明さん
女性のためのナチュラルで美しい生き方を提案。働く女性の保健室「さくら治療院」、ナチュラルコスメのPRルーム「ビオ代官山」主宰。

「そういえば、私のライフスタイルで、朝一番に必ず口にしているのはハチミツなんです」

コスメから食品まで、オーガニックスペシャリストの吉川千明さん。“おめざ”にハチミツ?

「はい。朝は、朝食の前に犬の散歩が日課なんですが、コーヒーだけは飲んで出かけたい。だからキッチンでコーヒーを淹れながら、オーガニックハチミツをスプーン一杯、ペロッと食べてコーヒーを飲みます。ハチミツはものすごく消化吸収が早いから、たちまちエネルギーチャージができるんです」

元気が出て、体も動く。

「トマトをハチミツでマリネして食べたり、モッツァレラチーズとのカプレーゼに、ハチミツをたっぷりかけたり。キウィやブルーベリーなどの果物にも。おいしくって、美容にもよくて、健康にもいい。花の種類で味わいが変わるのも楽しいです」

吉川さんが今、愛用しているのはリゴーニ ディ アシアゴ社のもの。

「ハチもハチミツも自然環境の影響を受けやすいので、私は必ず、汚染や残留農薬の心配のないオーガニックのハチミツを選ぶようにしているんです」

北イタリアのアルプスの麓で高品質のオーガニック食品を生産しているリゴーニ ディ アシアゴ社のハチミツはすべて、大自然に恵まれた環境の中で採取。残留農薬検査も徹底され、一切含有しないピュアなものを出荷している。

「特許を取得した低温加工技術で仕上げているから、ハチミツに含まれる多くのビタミンやミネラルなどの栄養を、生きたまま味わうことができるんです。さすが、オーガニックはおいしいです」

栄養も風味も生きている低温加工製法。

ハチミツには多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれている。ところが高温加工で製品化すると栄養が損なわれてしまう。この製品は、特許技術で低温加工しているため、ハチミツ本来の栄養がそのまま生きている。

オレンジフラワー300g1,100円
オレンジフラワー 300g 1,100円
ワイルドフラワー300g1,000円
ワイルドフラワー 300g 1,000円
フォレストハニー300g1,100円
フォレストハニー 300g 1,100円

自然豊かな北イタリアでEU有機認証、有機JASも取得。

1114rigoni5_630

リゴーニ ディ アシアゴ社のオーガニック食品は、北イタリアのアルプスの麓で作られている。手つかずの自然豊かなこの地は長年、ハチミツやジャムの名産地として手作りの製法を伝承。


問合せ先・MIE PROJECT(ミエ プロジェクト)☎03 5465 2121 http://mieproject.com/
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE