からだ
くらし

えびと香味野菜炒め【ウー・ウェンさんの減塩レシピ】

減塩を意識しなくても、もとから調味料の少ないウー・ウェンさんの料理。
自然と減塩が可能となるそのレシピに隠された工夫が知りたい!
  • 撮影・合田昌弘 構成&文・太田祐子

えびと香味野菜炒め

炒める前にえびに塩で調味しておく。香味野菜は熱したボウルで和えるだけのイメージ。

タンパク質に味つけする。

 炒め物や和え物のとき、味つけは肉や魚介などタンパク質に。あとから加える野菜類は軽く火を通すのみ。こうすることで一皿のなかで味にメリハリがつき、おいしさが増します。

香味野菜の香りが、えびの味を引き立てる。

【材料(2人分)】 
むきえび 200g
下味[こしょう 少々、粗塩 小さじ1/3、片栗粉 小さじ1/2]
香菜 2本
みょうが 2個
大葉 10枚
太白ごま油 大さじ1/2

【作り方】 
1.香菜は3cmの長さに切り、みょうがは薄切り、大葉は千切りにする。
2.むきえびを茹でて水気をきり、下味をつける。
3.炒め鍋に太白ごま油と2を入れて火にかけ、油がなじむように炒める。
4.火を止め、1を加えて全体を和える。

ウー・ウェン

ウー・ウェン さん

料理研究家

中国の家庭料理を伝えるウー・ウェンクッキングサロンを主宰。シンプルで飽きない料理と飾らない人柄で人気。近刊は『ウー・ウェンの炒めもの』(高橋書店)。

『クロワッサン』1076号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。