からだ
くらし

旨味がじゅわっと広がる、鶏ひき肉ととうもろこし炒め【ウー・ウェンさんの減塩レシピ】

減塩を意識しなくても、もとから調味料の少ないウー・ウェンさんの料理。
自然と減塩が可能となるそのレシピに隠された工夫が知りたい!
  • 撮影・合田昌弘 構成&文・太田祐子

鶏ひき肉ととうもろこし炒め

タンパク質に味つけする。

 炒め物や和え物のとき、味つけは肉や魚介などタンパク質に。あとから加える野菜類は軽く火を通すのみ。こうすることで一皿のなかで味にメリハリがつき、おいしさが増します。

噛むたびにじゅわっと素材の旨味が広がる。

【材料(2人分)】 
鶏ひき肉150g
とうもろこし1本
バジル(みじん切り)1本
酒大さじ1/2
こしょう少々
粗塩小さじ1/3
太白ごま油大さじ1/2

【作り方】 
1.とうもろこしの粒を包丁で削りとる。
2.炒め鍋に太白ごま油と鶏ひき肉を入れて色が変わるまでしっかりと炒め、酒をふり、塩、こしょうで味をつける。
3.1を加え、火が通るまで炒め、バジルを加え火を止める。

ウー・ウェン

ウー・ウェン さん

料理研究家

中国の家庭料理を伝えるウー・ウェンクッキングサロンを主宰。シンプルで飽きない料理と飾らない人柄で人気。近刊は『ウー・ウェンの炒めもの』(高橋書店)。

『クロワッサン』1076号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。