からだ
くらし

塩分控えめでも美味しい、鶏の唐揚げ【藤井恵さんの適塩レシピ】

塩が少なくても美味しさが叶う、藤井恵さんの「適塩レシピ」で健康アップ。
  • 撮影・青木和義 文・板倉みきこ

鶏の唐揚げ

(POINT)ナンプラーの旨味と風味を生かして塩分を減らす。下味に酢を加えることもさらなる旨味アップにつながる。衣にごま油の香りもプラス。

にんにくと生姜でパンチを利かせて。

【材料(2人分)】
鶏もも肉 1枚
A[酒 大さじ1、酢 大さじ1、ナンプラー 大さじ1/2、にんにくのすりおろし 1かけ分、しょうがのすりおろし 1かけ分、こしょう 小さじ1/3]
B[片栗粉 大さじ3、溶き卵 大さじ1、ごま油 小さじ1/2]
揚げ油 適量

【作り方】
1.鶏肉は余分な脂を取り除き、一口大に切る。
2.1にAをよく揉みこんで5分程度置き、Bを加えてよく混ぜる。
3.揚げ油を170度に熱し、2を入れて、4~5分こんがりと揚げる。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

料理研究家

管理栄養士。簡単で美味しく、体に優しい料理を提案。雑誌、書籍、テレビのほか、YouTubeでも活躍。近著は『適塩でごはん革命 塩分ひかえめでもとびきりおいしいレシピ』(扶桑社)。

『クロワッサン』1076号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。