からだ
くらし

香ばしい、たけのこと豚肉の炒めもの【ウー・ウェンさんの食養生レシピ】

肌はツヤツヤ、背筋ピン! スラッとした体形が印象的なウーさん。
その健やかさの秘密は毎日の食生活にありました。
  • 撮影・合田昌弘 構成&文・太田祐子

たけのこと豚肉の炒めもの

しっかり炒めてたけのこの香ばしさを出します。

【材料(4人分)】
茹でたけのこ 200g
豚肉 200g
下味[こしょう 少々、酒 大さじ1、塩 ひとつまみ、片栗粉 小さじ1/2]
醤油 大さじ1/2
塩 小さじ1/4
油 大さじ1

【作り方】
1.たけのこは幅1cmのくし形に切る。豚肉はひと口大に切り下味をつける。
2.フライパンに油大さじ1/2をひき、たけのこを入れて火にかけ、香りが出るまでしっかり焼いて、いったん取り出す。
3.同じフライパンに残りの油をひき、豚肉に火が通るまでしっかり炒める。醤油を加えてたけのこを戻して炒め合わせ、塩で味を調える。

たけのこ、新じゃが、新玉ねぎ。 春野菜のパワーを食卓に活かして。

「冬眠していた熊が春に起きだして、まず山菜などを食べますよね。人間も同じです。この時季の野菜だけが持つ力をいただくことが大切です」

新じゃが、新玉ねぎ、菜の花、様々な豆類。中国では、春の野菜は体を目覚めさせて代謝をよくし、パワーを与えてくれると考えられている。

「一日に例えると春は朝。体をリフレッシュさせるために、苦味やえぐみがある春野菜を食べて冬にたまった不要なものをデトックスする。体の調子が不安定なときでもありますから、スープのように体を温める料理がいい。でも不思議です。春の野菜だけが新ものとして扱われ、みんな喜んで食べるのですから。素材の持つ力を体験的に知っているのでしょうね」

ウー・ウェン

ウー・ウェン さん

料理家

中国家庭料理を伝えるウー・ウェンクッキングサロンを主宰。著書に『本当に大事なことはほんの少し』(大和書房)、『ウー・ウェンの100gで作る北京小麦粉料理』(高橋書店)など。

起床して歯を磨いたあとに40〜50度ほどに冷ました白湯を250ml、家の掃除をしてからさらに250ml飲むのが日課。

『クロワッサン』1066号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。