からだ
くらし

髪のうねり、パサつきの悩みに必要な栄養素を補う、かんたん朝食レシピ。

手を抜きがちな朝食こそ、少しの心がけと工夫次第で、美肌を叶える強い味方に。食べ方のルールと手軽なレシピ。皮膚科医の小林智子さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 料理製作・渡邊美穂 構成&文・山本有紀 撮影協力・UTUWA TEL.03・6447・0070

【髪のうねり、パサつき】→ 亜鉛、たんぱく質

「加齢などで髪の密度や水分量が低下することが、髪質の変化の原因の一つ。髪を構成するたんぱく質と、その代謝をサポートする亜鉛で改善を目指しましょう」

卵やチーズならたんぱく質と亜鉛が同時に摂れて効率的。パプリカパウダーには、抗糖化と抗酸化の効果がある。

卵と豆腐のスクランブルボウル

高たんぱく食材も、スパイス使いで軽やか。

【作り方】
1.フライパンにオリーブオイルをひき、刻んだほうれん草(1株)とスライスしたマッシュルーム(3個)を炒める。
2.豆腐(50g)、卵(1個)、シュレッドチーズ(大さじ2)を加えて炒め合わせ、塩・こしょう、ターメリック、パプリカパウダーで味を調える。
3.ごまをかけた雑穀ご飯に2をのせる。

小林智子

小林智子 さん (こばやし・ともこ)

皮膚科医

日本医科大学卒業後、名古屋大学大学院、ノースウェスタン大学で研究に従事。著書に『すっぴん肌が好きになる 肌トラブル大全』(WAVE出版)。

*分量はすべて1人分。

『クロワッサン』1064号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。