からだ

肌のエイジングの引き金は乾燥。朝、就寝前のケア他「乾かない」人たちに聞く保湿の極意。

シミ、シワ、たるみ、あらゆるエイジングの引き金になる乾燥。潤いたっぷり、揺るがない肌の持ち主に、保湿のコツを聞いた。
  • 撮影・久々江 満 イラストレーション・佐伯ゆう子 構成&文・今井 恵

私のお手入れ、“締め”はコレ!

保湿の締めには、肌になじませた有効成分の上に蓋をするものを選びたい。水分と油分のバランスがよく、ラップ効果をもたらすクリームをはじめ、最近、急増するスリーピングマスクにも注目。睡眠中の乾燥対策こそ、保湿の鍵である。

(1)バランスのよいジェルが、肌の上で膜となる。
(ヘア&メイクアップアーティスト・赤松絵利さん)

「水分と油分のバランスがよい。軽くてのびのいいジェルが肌にぐんと浸透し、その後は表面で膜となるので、かなりしっかり保湿ができます」(赤松さん)。植物素材で作られたジェルクリームには、アルパインラベンダーの精油やローズウォーターが贅沢に配合。

Make It & Co. プレミアムジェル 50ml 1万2100円(メイクイット アンド コー銀座店 TEL.03・5537・6251

(2)刺激のないクリームが、肌の隙間を埋めてくれる。
(美容ジャーナリスト・倉田真由美さん)

「肌の隙間を埋めてくれるような充実感と、ほころびを整える頼もしさ。どんなに乾燥している時でも刺激がない、まろやかでやさしいテクスチャーにホッとします」(倉田さん)。クリームと乳液の働きを併せ持つクリームが、外部刺激から守り、ハリのあるしなやかな肌に。

ディセンシー クリーム[医薬部外品] 30g 1万2100円(ディセンシア TEL.0120・714・115)

(3)就寝時は、 絶好のエステタイム!
(美容愛好家・野毛まゆりさん)

「ベッドに入るその直前に"追っかけ保湿"としてスリーピングマスクで最後のまとめ保湿をしてから寝ています。翌朝の肌触りがすべすべ」(野毛さん)。顔全体をジェルで覆ってしばらくすると、肌になじんで美容成分と潤いが満ちる。

エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック C[医薬部外品] 105g 3,520円*編集部調べ(資生堂 TEL.0120・81・4710)

(4)時短ケアの際、 これ一品でも 高保湿。(メイクアップアーティスト・レイナさん) 
肌にのせた 有効成分を、  すべて 閉じ込めてくれる。(ビューティエディター・平 輝乃さん)

「洗顔後の肌に直接塗ると調子がよく、オールインワン的な総合効果を存分に感じます」(平さん)。「肌がしっとり、もっちり。だけどベタつかず、翌朝もまだ潤ったまま」(レイナさん)。豊かな栄養素を含む海藻ジャイアントシーケルプや天然成分を独自の発酵技術で仕上げたクリーム。

クレーム ドゥ・ラ・メール 30ml 2万2880円(ドゥ・ラ・メール TEL.0570・003・770)

日中の肌を守る、朝ケアに欠かせない逸品。

乾燥するとわかっていても「時間がないから」と、朝は保湿がおざなりに。でも乾かさない人たちは「朝こそ保湿」と声を揃える。紫外線を防ぎ、下地にもなるデイクリームやファンデに重ねる水おしろいは要チェック。

(1)「どんなファンデーションともなじみ、肌のアラを隠し、日中乾きません」(野毛さん)。「夕方、メイク崩れのない肌に保湿の威力を再認識」(美容コメンテーター・植村朗子さん)。美容液を99%配合し、日中のダメージから肌を守る。

コスメデコルテ AQ ミリオリティ インテンシブ デイクリーム SPF10/PA++ 50g 3万8500円(コスメデコルテ TEL.0120・763・325)

(2)「日焼け止めは紫外線が強い時季だけにしたいので、日中、外出の予定がある日はこのクリームで保湿を優先しつつ、UVケアも」(平さん)。SPF20、PA+++効果を併せ持ち、日中の肌を潤いで満たし、ハリを与える朝ケアのクリーム。

カネボウ クリーム イン デイ 40g 8,800円(カネボウインターナショナルDiv. TEL.0120・518・520)

(3)「メイクの仕上げに使うと、潤いが閉じ込められ、水をたたえたような肌が終日持続します。マスク摩擦で頬がヒリヒリすることもありません」(美容ジャーナリスト・小田ユイコさん)。スポンジで肌にのばす、水分80%のジェルおしろい。潤いベールでツヤも演出。

カバーマーク モイスチュアコート ジェル 35g 5,500円(カバーマーク TEL.0120・117・133)

乾燥レスキューには、やっぱりシートマスク。

乾燥による危険信号が肌に灯った時、一番頼りになるのが即効性のあるシートマスク。たっぷりの潤いをマスクで密閉するから、肌がしっとりうるうるに。マスクの形状や素材もチェックしながら〝最適の一品〞を常備して。

(1)「シートマスクは継続でこそ、肌に違いが出ます。価格も良心的」(倉田さん)。「マスク中も終わった後も、文字どおりぷるぷる。シートの密着力も抜群です」(植村さん)。低刺激性でありながら、肌に吸いつくようなシートマスクが潤いで満たす。

ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク 4枚入 1,320円*編集部調べ(第一三共ヘルスケア TEL.0120・337・336)

(2)「敏感肌なのでシートマスクの刺激が苦手でしたが、これはチクチクしません。しかも切れ込みが絶妙で、乾燥しやすい目頭にもぴたりとフィット」(小田さん)。潤いを含んだシートマスクが肌に密着。乾燥性敏感肌ラインならではの肌荒れ改善効果も。

キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスク 4枚入 1,650円*編集部調べ(花王 TEL.0120・165・698)

(3)「小ジワから表情ジワまで、潤いが深く浸透したのが触ってわかるし、とことん目立たなくしてくれます」(ビューティプロデューサー・美香さん)。肌をキュッと引き締める植物成分インスタイトや美容成分をたっぷり染み込ませたシートは、引き締めたい部分を覆う形状。

SISI マジックキャッチャータイトニングマスク 4枚入 4,430円(SISI TEL.03・6555・4575)

いつもの保湿も、ひと手間で最強に!

きちんとお手入れをしていても、乾燥するシチュエーションが続いてしまったり、肌状態によっては、通常のお手入れでは追いつかないことも。そこで肌の潤いをキープしている人たちの〝ひと手間〞を紹介。ぜひ実践を。

オイル+クリーム で最強保湿。

「洗顔後の肌にオイルを塗り、化粧水を重ねて肌に押し込み、下地を作ります。次にクリームにオイルを混ぜて、よりこっくりさせたものを肌にのせます。肌の調子に合わせて調合を変えるせいか、より快調に」(赤松さん)

蒸しタオルで 肌を柔らかく してスキンケア。

「洗顔後、蒸しタオルで肌を温めてからスキンケア。そして化粧水の湿り気が残る肌にオイルを。ツヤが出ます」(倉田さん)。「蒸しタオルで肌を柔らかくし、化粧水とオイルでケア。その後、冷やしたタオルで毛穴を引き締めて潤いを逃さないようにします」(平さん)

 スチームを浴びながらの お手入れ で、保湿効果もアップ!

「化粧水を入れて使うスチーマーで肌がふわふわに」(美香さん)。「保湿ケアする間じゅう、スチーム。血流がよくなるし、保湿成分が肌のすみずみまで浸透」(小田さん)。「バームタイプのクレンジングがスチームでとろけて至福の時間。肌も温かくて巡ります」(植村さん)

あおむけ寝でたるみが消える!?  “肌のベスポジ”で追いクリーム。

「若かった頃の顔は、あおむけ時の顔に近いそう。その肌のベストポジション状態で、天井のエア鏡を覗くように、追いクリームや追い乳液を。明日のハリ肌をイメージしながら、やさしくなじませます」(野毛さん)

『クロワッサン』1064号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。