からだ

美容医療、飲み薬など、シミ治療の選び方を医師に聞いた。

年々増え続けるシミ、見て見ぬふりをしていませんか? 「品川美容外科 品川本院」院長の秦 真治さんにシミについて聞きました。
  • 撮影・中島慶子 文・菅野綾子 画像提供・品川美容外科

Q.シミにはどんな種類がある?

A.主なシミは4種類。数種類混在することもあり、見極めは難しい。

「40〜50代に最も多く見られるのは紫外線によるダメージが原因とされる老人性色素斑。老人性とは言うものの、早ければ20代くらいで出てくる人もいます。
次に多いのが肝斑で、最近の知見では女性ホルモンの乱れだけでなく、肌の摩擦も大きな原因に。
子どもにも出るそばかすは遺伝的要因。UVケアで防ぐことは難しく、自然に消えることもあれば、出たり薄くなったりを繰り返す場合も。
ニキビ跡や傷跡がそのまま残る炎症性色素沈着は、年齢を重ねるごとに肌の代謝が衰え、残りやすくなります。自分のシミがどれにあたるか見極めるのは難しいので、まずは医師に相談を」

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

【原因】紫外線による肌ダメージ。
【見た目】境界線がハッキリとしている。茶色やこげ茶色、大きさは様々。頬の高い位置にできやすい。

肝斑(かんぱん)

【原因】女性ホルモンの乱れ。妊娠中やピルの服用でホルモンバランスに変化のある時期にも出やすい。皮膚の摩擦によってもできることが多く、化粧をし始める10代後半から見られる場合もあるため、隠れ肝斑と言われることも。男性でもスクラブの使用や、顔をゴシゴシ擦る習慣のある人はできやすい。
【見た目】左右対称に頬骨付近にでき、茶色~濃い茶色。

そばかす

【原因】遺伝的要因で発生すると言われている。肌が白い人が特にできやすい。
【見た目】頬から鼻にかけて見られる、薄茶色の点状の小さなシミ。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

【原因】ニキビの跡や傷跡が残ったもの、けがの跡やヘアアイロンなどによる熱傷など。
【見た目】色は赤みがかっているものや黒っぽいものなど様々。

Q. 美容医療でシミを消したい。

A. シミの種類により、光治療か レーザー治療を選ぶ。

「レーザーと光治療は混同されがちですが、まったくの別物。まず、老人性色素斑やそばかすなど肌表面にできるシミには、光がふわっと拡散して広範囲に当たるフォトシルクプラスなどの光治療がおすすめ。
一方、肝斑や炎症性色素沈着など深い部分にあるシミには、狭い範囲に集中してエネルギーを放出するレーザーが効果的です。レーザートーニング→Qスイッチヤグレーザー→PICOトーニングの順にパワーも費用も上がっていきます」

フォトシルクプラス*1

イタリア・DEKA社の美白治療器。シミ・くすみ・そばかす・ニキビ跡などの色素沈着を改善。従来の光治療、フォトフェイシャルよりもメラニン粒子の分解に優れ、薄いシミにも効果的。

治療期間: 1カ月に1回。数回行うことが望ましい。*2 
価格: 顔全体(コメカミ除く) 初回8,640円、2回目以降1万8680円。コース料金:顔全体 4回4万8600円 
痛み: 広範囲を輪ゴムでパチッと弾いたような痛み。

レーザートーニング

メドライトC6という医療レーザー機器を使用。肝斑・根深いシミ・毛穴の開き・くすみを改善。弱めの出力で数回に分けてシミにアプローチしていく。軽度の肝斑に用いられることが多い。

治療期間: 2週間に1回。数回行うことが望ましい。*2 
価格: 顔全体 初回5,190円、2回目以降8,320円。コース料金:顔全体 3回2万3760円、6回4万5360円 
痛み:部分的に輪ゴムでパチッと弾いたような痛み。

Qスイッチヤグレーザー

レーザートーニングと同様のメドライトC6という医療レーザー機器を使用し、より高い出力で治療する。レーザートーニングではなかなか変化が見られないシミや肝斑に用いられる。

治療期間:1カ月に1回。数回行うことが望ましい。*2 
価格: 1×1mm 1回5,390円 
痛み: 部分的に輪ゴムでパチッと弾いたような痛み。治療部位によって数日間赤みや内出血が出ることがある。

PICO(ピコ)トーニング

米国FDAの承認を受けたPicoSure(ピコシュア)という機器を使用。従来のレーザーと異なり、熱ではなく衝撃波でメラニンを粉砕させ色素を除去するため、ダウンタイムが少ない。難治性肝斑に。

治療期間: 1カ月に1回。数回行うことが望ましい。*2 
価格: 顔全体 初回2万4570円、2回目以降3万5090円 
痛み: 部分的に輪ゴムでパチッと弾いたような痛み。治療後はれや赤み、ヒリヒリとする痛みが出ることがあるが数時間~1日で落ち着いてくる。

※治療期間や価格等は全て品川美容外科の一例です。
*1 フォトシルクプラスは薬機法上未承認の医療機器です。
医師の責任の下、個人輸入により治療を行っております。国内において承認されている機器はありません。諸外国での承認情報はありません。リスク:かゆみ、赤み、一時的な色素沈着の可能性あり。
*2 ただしシミの状態により回数が変わるため、個人差があります。

Q. レーザー以外の治療法は?

A.飲み薬は主に肝斑に効果的。外用薬の併用で効果アップ。

「内服薬の場合はメラニン色素の生成や炎症を抑えるトラネキサム酸、色素沈着を改善するビタミンCのシナール、抗酸化作用があるビタミンEのユベラを3つセットで処方することがほとんど。
主に肝斑に効果があると言われていますが、その他のシミでも飲んでおくと悪化を防ぐことができます。それに加え、外用薬のハイドロキノンを処方することも。ただ、薬だけでは治癒に時間がかかるため、レーザー&光治療と併用するのがおすすめ」

秦 真治

秦 真治 さん (はた・しんじ)

「品川美容外科 品川本院」院長

美容外科医歴34年の経験による確かな実力と豊富な知識で、幅広い年代の患者から支持されている。

『クロワッサン』1064号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。