からだ
くらし

ぶりのオイスター生姜漬けで作る2つのレシピ【ぐっち夫婦の切り身の漬け置き術】

魚の切り身が余った時に、ぐっち夫婦が実践してきた方法です。調理のときには味付け不要! 失敗知らずの切り身のつけ置き術。
  • 撮影・青木和義 文・室田元美

【ぶりの漬け方】ぶりのオイスター生姜漬け

\完成/オイスターソースを使うことで、千切りしょうがの風味が引き立つ。

中華風の漬け汁が、ぶりの旨さを引き出す。

【材料(2人分)】
ぶり 2切れ(240g)
しょうが 1かけ
酒 大さじ1
塩 少々
A[オイスターソース 大さじ2 しょうゆ 大さじ1 みりん 大さじ1]

【作り方】
1.ぶりに酒、塩を振って10分ほど置き、ペーパーで水気を取る。しょうがは千切りにする。
2.密封保存袋にAを入れてよくもみ、1を入れる。
3.冷蔵庫で半日ほど漬ける。

《アレンジ 1 》ぶりのオイスターソース焼き

肉厚なぶりは弱火でじっくり。きのこや根菜など季節の野菜と焼いても。

フライパンで季節野菜と焼き魚を。(Tatsuyaさん)

魚を焼きながら、同じフライパンで一緒に野菜を焼く手軽さ。付け合わせ野菜について悩むこともない。

【材料(2人分)】
ぶりのオイスター生姜漬け 2切れ
小松菜 2株(60g)
じゃがいも 1個(130g)
油 大さじ1

【作り方】
1.小松菜は3〜4cm長さのざく切りにする。じゃがいもは皮を剥いて5mm幅の半月切りにし、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ600Wで2分半加熱する。
2.フライパンに油を熱し、ぶりを弱火で10分ほど焼き、その周りに小松菜、じゃがいもを加えて一緒に焼く。
3.皿にじゃがいも、小松菜を盛り、ぶりをのせる。

《アレンジ 2 》ぶりと薄切り大根のさっと煮

コクのある漬け汁ごとだしと合わせ、味わい深いスープに。アク取りも忘れずに。

ぶり大根をコクのある味つけで。(SHINOさん)

オイスターソースで味付けしたぶりの旨味が、大根やスープにしみる。ぶり大根とは一味違う中華風の味わいに、ご飯が進む。

【材料(2人分)】
ぶりのオイスター生姜漬け 2切れ
大根 1/3本(200g)
しょうが 1かけ
A[和風顆粒だし 小さじ1 しょうゆ 大さじ1 水 400ml]
油大さじ 1/2

【作り方】
1.大根は薄いいちょう切りに、しょうがは皮をむいて千切りにする。
2.鍋に油を熱し、大根、しょうがを炒める。
3.大根に火が入ってきたらぶり、Aを加えて中火にかけ、アクをすくい取る。落とし蓋をして15分ほど煮る。

ぐっち夫婦

ぐっち夫婦 さん (ぐっちふうふ)

料理家

左・Tatsuyaさん 右・SHINOさん

「今日なにたべよう?」をテーマに夫婦で家庭の食卓に寄り添う。近著『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』。InstagramやYouTubeで料理動画配信中。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。