からだ
くらし

鮭のガーリックオイル漬けで作る2つのレシピ【ぐっち夫婦の切り身の漬け置き術】

魚の切り身が余った時に、ぐっち夫婦が実践してきた方法です。ソテーやホイル焼き、そのまま加熱するだけで今夜のごちそうに。
  • 撮影・青木和義 文・室田元美

【鮭の漬け方】鮭のガーリックオイル漬け

1.指で骨の位置を確かめ、骨の向きに沿うよう骨抜きで引き抜く。
2.オリーブオイル、にんにく、調味料を保存袋に入れ、もみ混ぜる。
3.鮭を保存袋に入れ、袋の上から手で優しくなじませる。
\完成/冷蔵庫で半日ほど漬けると、味がしみて食べごろになる。

香ばしいオイルと旨味で、切り身がしっとりと。

【材料(2人分)】
鮭 2切れ(310g)
酒 大さじ1
塩 少々
A[オリーブオイル 大さじ2 すりおろしにんにく 小さじ1/3 塩・こしょう 各少々]

【作り方】
1.鮭は骨を取る。酒、塩を振って10分ほど置き、ペーパーで水気を取る。
2.密封保存袋にAを入れてよくもみ、1を入れる。
3.冷蔵庫で半日ほど漬ける。

《アレンジ 1 》 鮭の洋風ホイル焼き

大きめのアルミホイルに具材をすべて並べ、四方を畳み込むようにして包む。

大きめの野菜と一緒に焼き上げます。(SHINOさん)

オリーブオイルとにんにくに漬け込んだ鮭を、野菜と一緒にホイル焼きに。豊かな風味と栄養をそのまま包み込み、しっとりふっくらと焼き上がる。

【材料(2人分)】
鮭のガーリックオイル漬け 2切れ
ブロッコリー 6房ほど(40g)
じゃがいも 1個(130g)
粗びき黒こしょう 少々

【作り方】
1.ブロッコリーは食べやすく切る。じゃがいもは皮を剥いて一口大に切り、耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ600Wで2分加熱する。
2.ホイルに鮭、1をのせて包み、トースター200度で12分焼く。
3.仕上げに粗びき黒こしょうを振る。

《アレンジ 2 》鮭のシチリア風ソテー

鮭を漬け、旨味が増したガーリックオイルを、袋からそのままフライパンへ。

漬け汁ごと焼いて香ばしく。(Tatsuyaさん)

鮭を漬け汁ごとフライパンで焼くだけ。つぶし炒めたミニトマトとイタリアンパセリのシチリア風は、白ワインとパンが合う。鮭の代わりに、たらでもおいしい。

【材料(2人分)】
鮭のガーリックオイル漬け 2切れ
ミニトマト 10個
レモン 1/4個
イタリアンパセリ 適量
オリーブオイル 大さじ1

【作り方】
1.ミニトマトはヘタを取り半分に切る。レモンはくし形に切る。
2.フライパンを中火で熱し、オイル漬けのオイルとともに鮭をソテーする。両面を焼き、皿に盛る。
3.同じフライパンに1のミニトマトを入れ、半量をつぶしながら炒め、皮を除く。オリーブオイルを入れてなじませ、火を止める。
4.鮭に3のトマトソースをかけ、刻んだイタリアンパセリを振る。レモンを添えて搾る。

ぐっち夫婦

ぐっち夫婦 さん (ぐっちふうふ)

料理家

左・Tatsuyaさん 右・SHINOさん

「今日なにたべよう?」をテーマに夫婦で家庭の食卓に寄り添う。近著『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』。InstagramやYouTubeで料理動画配信中。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。