くらし

たらの柚子こしょう漬けで作る2つのレシピ【ぐっち夫婦の切り身の漬け置き術】

魚の切り身が余った時に、ぐっち夫婦が実践してきた方法です。ソテーやホイル焼き、そのまま加熱するだけで今夜のごちそうに。
  • 撮影・青木和義 文・室田元美

【たらの漬け方】たらの柚子こしょう漬け

\完成/柚子こしょう漬けは、たらなどの白身魚のほか、さばにもおすすめ。

淡白なたらに、ピリッと柑橘の風味がぴったり。

【材料(2人分)】
生だら 2切れ(250g)
酒 大さじ1
塩 少々
A[柚子こしょう 小さじ1 しょうゆ 大さじ1 みりん 大さじ1/2]

【作り方】
1.たらは骨を取る。酒、塩を振って10分ほど置き、ペーパーで水気を取る。
2.密封保存袋にAを入れてよくもみ、1を入れる。
3.冷蔵庫で半日ほど漬ける。

《アレンジ 1 》 たらの柚子こしょうバターソテー

崩れやすい身は、フライパンの縁を使いながらヘラでていねいに裏返す。

バターでじんわりと焼き色を。(SHINOさん)

柚子こしょうとしょうゆで漬けたたらをバターで焼いた、こっくりした風味。同じ油でじっくり焼いた長芋も香ばしい。

【材料(2人分)】
たらの柚子こしょう漬け 2切れ
長芋 150g
いんげん 3本
バター 20g

【作り方】
1.長芋は皮を剥き、5mm幅の輪切りにする。いんげんは塩茹でし、3〜4cm幅に切る。
2.フライパンを中火で熱し、バターを入れ、たらを両面焼いて(6分ほど)取り出す。
3.同じフライパンに長芋を入れ、焼き色がつくまで焼く。2を皿に盛り、長芋、いんげんを添える。

《アレンジ 2 》たらの柚子こしょうチャーハン

流し入れた卵の上にご飯を入れ、豪快に炒めるのがTatsuyaさん流。

卵が絡んだご飯とたらを炒めて。(Tatsuyaさん)

細かくほぐしたたらをたっぷり混ぜた、贅沢チャーハン。柚子こしょうがスパイスになり食欲をそそる。

【材料(2人分)】
たらの柚子こしょう漬け 2切れ
卵 2個
長ねぎ 1/2本
塩・ホワイトペッパー 各少々
温かいご飯 400g
油 大さじ1

【作り方】
1.卵は割り溶く。長ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンに油を中火で熱し、たらを両面(6分半ほど)焼いて、木ベラでほぐす。
3.たらを端に寄せ、卵を流し入れ、その上にご飯を入れてほぐし炒める。
4.ご飯に卵が絡んだら全体をさっと炒めて長ねぎを入れ、ほぐしながらさらに炒める。
5.塩、ホワイトペッパーで味を調え、火を止め、器に盛る。

ぐっち夫婦

ぐっち夫婦 さん (ぐっちふうふ)

料理家

左・Tatsuyaさん 右・SHINOさん

「今日なにたべよう?」をテーマに夫婦で家庭の食卓に寄り添う。近著『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』。InstagramやYouTubeで料理動画配信中。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。