からだ
くらし

甘辛い韓国風の味付けで楽しむ、鰤(ぶり)と豆もやしのコチュジャン鍋 【ワタナベマキさんのレシピ】

魚の切り身にほかの素材を1つ加えるだけで、主役をはれる鍋に。〆の麺のアイデアも参考に。
  • 撮影・青木和義 文・田辺 香

鰤と豆もやしのコチュジャン鍋

豆もやしのひげ根はきれいに取って。見た目がよくなり、食べやすくなる。
【〆の一品】コチュジャン鍋を食べ終えたら、インスタントラーメンを加えてほぐしながら煮る。麺が柔らかくなったら、卵を加えてさっと煮る。

後を引くピリ辛味。鰤は煮崩れしないよう、大きなぶつ切りに。少し長めに煮込むと味が出る。

【材料(2人分)】
鰤 2切れ
豆もやし 1袋
A[にんにくすりおろし 1/2かけ分 生姜すりおろし 1かけ分 だし汁 500ml 酒 大さじ2 みりん 大さじ2 醤油 大さじ2 コチュジャン 小さじ1]
塩小さじ 1/2

【作り方】
1.鰤に塩をふって10〜15分おき、ペーパーで水気を拭いて3〜4等分に切る。
2.豆もやしは、ひげ根を取る。
3.鍋にAを入れてよく混ぜ、中火にかける。煮立ったら1を入れ、アクを取りながらひと煮立ちさせ、蓋をして弱めの中火で3分煮る。
4.豆もやしを加えてしんなりするまで煮る。

切り身魚の下処理の基本。

切り身の表裏両面に塩(2切れで小さじ1/2)をふる。そのまま10〜15分程度おく。
切り身の表面に出てきた水気をペーパーでしっかり拭き取り、生臭さを取り除く。
皮目から斜めに包丁を入れる。3〜4等分の大きさにぶつ切りすると、食べごたえが出る。
ワタナベマキ

ワタナベマキ さん

素材の味を生かした料理や保存食など、作りやすいレシピが好評。近著は『ワタナベマキの台湾食堂』(KADOKAWA)。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。