からだ

どこでもできる、カラダの前側全体を伸ばすストレッチ。

スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わるストレッチ。短時間でも毎日続けることがやわらかさの底上げに。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ モデル・くらさわかずえ

猫背姿勢が癖になると、カラダの裏(背中)側の筋肉は常に引っ張られ、お腹側の筋肉は常に縮こまった状態。このまま立つと、バランスをとるために骨盤が後ろに倒れ、どんどん高齢者のような姿勢に。

これを防ぐために、カラダの前側全体をのばすストレッチを取り入れます。気づいたときにいつでもどこでも。一日何度でも行いましょう。

両手をお尻の後ろで組み、胸を開いて視線をできるだけ上に。

のばすのは首、胸、お腹の筋肉。左のように、のばす部位を斜線でマークしていくので参考に。

常に縮こまっているカラダの前側を解放。いつでもどこでも。

(A)両手をお尻の後ろで組む。手のひらは上。

(B)足を「ハ」の字にし、膝をしめる。

(A)視線をできるだけ上に向ける。

(B)胸を開いて高く引き上げる。

(C)組んだ手を斜め下方向にのばす。

NG!

「手を高く上げると肩が前に出て胸が開きません!」(橋爪さん)

斜線のマークがのばす部位。

(椅子に座ったままで行うストレッチ)

(A)椅子に浅く座り座面の縁をつかむ。

(B)足は腰幅に開いて膝下に。

(A)胸を張って視線は天井に。

(B)お尻を後ろに突き出すように。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。