からだ
くらし

薬膳の考え方を食事に取り入れる。麻木久仁子さんの健康法。

  • 撮影・青木和義 文・黒澤 彩

「調理法はシンプルでOK! 乾物をうまく活用して。」

山芋のチーズ焼き

【材料(2人分)】
山芋(今回は長芋だが大和芋など好みのもの)300g
ピザ用チーズ40〜50g
ディジョンマスタード大さじ1/2
マヨネーズ大さじ1
塩少々
小麦粉少々
オリーブオイル大さじ1
パセリ適量
あらびき黒胡椒少々

【作り方】
1.山芋を1cmの厚さに切り、軽く塩をふって薄く小麦粉をはたく。
2.ディジョンマスタードとマヨネーズを混ぜる。パセリはみじん切りにする。
3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、山芋を両面こんがりと焼く。
4.3を耐熱皿に並べ、マヨネーズとディジョンマスタードを混ぜたものを塗り、チーズをのせてトースターで焼き目がつくまで焼く。仕上げに刻んだパセリとあらびき黒胡椒をふる。

黒い薬膳スープ

【材料(2人分)】
鶏手羽元(骨付きの手羽中や手羽元)4本
干し椎茸2〜4枚
黒キクラゲ(乾燥)1〜2g
わかめ5〜10g
海苔少々
黒ごま少々
長ネギ20g
枸杞の実6粒
だし(鶏だし、かつおだし、昆布だしなど好みのもの)400ml
酒100ml
干し椎茸の戻し汁100ml
塩小さじ2/3
ナンプラー小さじ1
ごま油大さじ1

【作り方】
1.手羽元に塩をふり10分おく。干し椎茸と黒キクラゲは水で戻し食べやすい大きさに切る。枸杞の実は水で戻す。海苔は適当な大きさに切る。長ネギは白髪に切る。
2.鍋にごま油を入れて熱し、手羽元を皮目を下にして入れ、軽く焼き目をつける。
3.2にだし、ナンプラー、酒、干し椎茸の戻し汁、干し椎茸、黒キクラゲ、わかめを入れて15分くらいコトコトと煮る。最後に白髪ネギを入れてひと煮立ちさせる。味をみて塩(分量外)で調える。
4.器に盛り、海苔と枸杞の実、黒ごまをあしらう。

麻木久仁子

麻木久仁子 さん (あさぎ・くにこ)

タレント

テレビ、ラジオ等で活躍しながら国際薬膳師、温活指導士の資格を取得。4月には温活調理講座を開催予定。著書に『ゆらいだら、薬膳』『生命力を足すレシピ』。

『クロワッサン』1042号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。