からだ
くらし

きくらげのごま炒め【牧野直子さんの骨づくりを助ける常備菜】。

  • 文・葛山あかね 撮影・岩本慶三 スタイリング・本郷由紀子 

きくらげのごま炒め

きのこの一種であるきくらげにもビタミンDが豊富。今回は乾物を使用。水で戻して細かく刻めば食べやすくなります。ごまをふってカルシウム量もアップ。

[ 材料 ]作りやすい分量
きくらげ(乾物) … 20g
A だし … 1/2カップ
  みりん … 大さじ1と1/3
  醤油 … 大さじ1と1/3
ごま油 … 大さじ1
いりごま … 大さじ1

[ 作り方 ]
1.
きくらげは水で戻し、せん切りにする。
2.フライパンにごま油を熱し、1を加えて炒める。
3.全体に油が回ったらAを加え、汁気がなくなるまで煮る。
4.最後にいりごまを加えて和える。

※冷蔵庫で3−4日は保存可能。

牧野直子

牧野直子 さん (まきの・なおこ)

料理研究家

管理栄養士・ダイエットコーディネーターでもある牧野さんが提案するのは、手軽で簡単、しかも栄養バランスに優れた料理の数々。雑誌やテレビ、講演会などで幅広く活躍中。著書も多数。

『Dr.クロワッサン 何歳からでも骨は強くなる』(2020年3月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。