からだ
くらし

肺を潤す、白い野菜としらすの葱油和え【パン・ウェイさんの秋の食養生レシピ】。

季節が変われば体も変わる、自然の変化に寄り添うおかず。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

【秋】白い野菜としらすの葱油和え

【材料】2人分
大根 …… 10cm(200g)
蕪 …… 2株(160g)
ルッコラ …… 1/2袋(30g)
しらす …… 40g
長葱(微塵切り) …… 1/3本(40g)
鶏がらスープの素      
塩 …… 約2摘み
白胡麻油 …… 大さじ2

【作り方】
1.
大根を長さ5cmの細めの千切りにする。蕪は葉を落とし細めの千切りにし、葉は粗微塵に切る。ルッコラは長さ5cmに切る。
2.耐熱ボウルに1の大根と蕪を入れ、蕪の葉とルッコラ、しらす、長葱を置く。
3.小鍋で白胡麻油を煙がしっかり出るまで熱し、2の長葱の上からかける。鶏がらスープの素と塩を加えてよく混ぜる。

乾燥が招くトラブル。白い野菜が肺を潤す。

「秋は急速に空気が乾燥します。夏からたまった体の余熱で粘膜が傷み、呼吸器のトラブルが増えてきます。肺のケアが大切です。白い野菜が肺を潤してくれます。この料理はビタミンCが豊富な大根と蕪がメインですが、大根は食べものを消化する働きがすぐれているので、食べすぎや胃もたれに効きます。

蕪も消化不良や便秘の改善に効果があり、水分の代謝もよくしてくれるんですよ」

大根にはジアスターゼ、蕪にはアミラーゼと消化酵素が含まれているので、生で食べることで消化がよりスムーズになる。

「煙が出るまで熱した白胡麻油を長葱の上からかけると、ジャッと音を立てて長葱の香りが立ち昇ります。胡麻油のコクも加わって、淡白な野菜たちを風味よくしてくれます。しらすの塩気もほどよく効いて、これならたくさん食べられて、体もすっきりします」

パン・ウェイ

パン・ウェイ さん

料理研究家

中国・北京生まれ。季節と体をテーマに四季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木公園スタジオにて料理教室を主宰。著書に『毎日からだを調える中華スープ』(誠文堂新光社)など。

『Dr.クロワッサン 不調が消える、ふだん漢方』(2020年1月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。